まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

マンガ・食糧人類を読んでみた感想。ネタバレ含む。

どうもこんにちは、まっつんです。

現在、新幹線で愛知へ移動中です。

 

新幹線の移動は3時間ちょっとかかるので、何かおもしろそうな本はないかな?ってことで駅の本屋さんをのぞいてみました。

 

で、ありました。

 

「食糧人類」

食糧人類?Starving Anonymous?(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

タイトルからしてえげつないですよね~

 

このマンガ、実は以前ネットの試し読みで少しだけ読んだことがあります。で、続きが気になっていたこともあり、早速購入。

 

 

このマンガは主人公のイエ(高校生)が突如バスで連れ去られ、人間の飼育(肥育?施設へ送り込まれてしまうというもの。しかもそこには未知の生物も現れ、危険きわまりない状態。そこからのハラハラドキドキの脱出劇を描いています。

 

 

 

読んでみたら分かりますが、とにかくグロテスクです。吐き気がするような描写もあります。でもですね、何か読んでしまうんです。

 

こんな世界ありえない!!

 

って思うんですが、そうとも言えないかもしれないんですよね。実はこれと同じように人を人として扱わないことが当たり前の世界があるんだろうな、なんて思うわけです。

 

 

そう考えると、今の自分は色々不満もあるかもしれないけど、幸せだよな~なんて考えたりもします。

 

 

マンガの話に戻ります。

 

主人公、イエが捕まって肥育場に落とされるんですが、そこで運よくまともな人間がいたんですよね。それが、ヤマビキナツネ

「食糧人類 山引」の画像検索結果

左がイエ、右がヤマビキ

 

この2人がまた癖があるんですよね~。イエは力づくで物事を解決する傾向がある、ヤマビキは頭の回転が早いが変態という感じ。

 

実はナツネはこの飼育場とは因縁の過去があって、まぁ色々とあります。その辺りはマンガのほうを読んでみてください!ヤマビキの過去はまだ明かされていませんが、こちらも何か色々ありそうな気がしてます。

 

 

いやしかし、ヤマビキとナツネの登場には、自分としては安心させられました。だって、とりあえず飼育場のグロテスク状態の人間と飼育員しか登場してなかったので、これはエグイわ ってときにまともな人間が現れた訳ですからねぇ。しかもけっこうイケメンでしたから。

 

まぁとにかく!

気になる方は一度読んでみて下さい~。

食糧人類?Starving Anonymous?(2) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

ってか新幹線でマンガ読んだりブログ書いたりするのって頭が痛くなりません?!

 

ちょっときついんで、今回はこの辺りで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!