まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言。ご覧頂きありがとうございます。

もう一度読みたい、懐かしいマンガランキングTOP10

今回は、個人的にもう一度読みたい、懐かしいと思うマンガランキングTOP10を選んでみました。あくまでも「今」なんで、時が経つとまた変わるかもしれませんが。ちなみに私は30代になってもジャンプ購読している「まっつん」です。ではさっそく始めたいと思います!

 

 

10位:バガボンド

 バガボンド(1)(モーニングKC)

これは有名ですよね。っていうか連載中!(笑)ってことで10位にしました。連載中にも関わらず、もう一度読みたいと思ってしまいます。物語は武士の時代ですね。「たけぞう」こと宮本武蔵天下無双を求めて旅をしていく様子を描いています。戦いのシーンなどは特に迫力がありますね~。ストーリーもおもしろく、時にギャグ的なシーンもあり、引きつけられます。キャラがぼそっと言うセリフを手書きで書いているのが何気に好きです。あとはとにかく絵がリアル!って思います。

 

9位:ドラゴンボール

ドラゴンボール (巻16) (ジャンプ・コミックス)

言わずと知れた大人気マンガですよね。やっぱりドラゴンボールは何回見てもおもしろい。子供のころはよくマネをしたもんです。「かめはめは~!!」とか言って(笑)個人的にはべジータ編~フリーザ編が一番好きですね!もう何回も読み返しすぎて、だいたいストーリーも分かっているので敢て9位です。

 

8位:魔人探偵脳噛ネウロ

魔人探偵脳噛ネウロ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ついこの間まで連載をしていた「殺せんせー」の作者・松井優征さんのマンガですね。タイトル通り「探偵」マンガです。

主人公である魔人「ネウロ」の主食は「謎」です。ネウロは魔界の「謎」を食いつくし、人間界にやってきます。人間が事件を起こしたとき、それを隠そうとします。その事件を解明し、犯人が諦めたときに「謎」が出てきます。で、それを毎回食べるっていう感じです。

 

何故か、女子高生と一緒に探偵業をやっていきます(笑)毎回事件が起こるんですが、その事件が発生して解決されていく様がけっこうおもしろいんですよね。途中からは若干バトルマンガっぽくなってきましたが(笑)巻数も23巻くらいだったと思うので、比較的読みやすいと思います。「殺せんせー」を読んでいる方は、主人公の女子高生に馴染みがあるかもしれません。

 

7位:スラムダンク

スラムダンク (31) (ジャンプ・コミックス)

 

またまた井上雄彦さんの作品です(笑)

やっぱりこのマンガ何回読んでもおもしろいんですよね。見て分かるように、バスケットのマンガですね。絵もうまいし、ストーリーも本当におもしろいです。また、登場人物それぞれの個性もすごくあって、どのキャラも好きですね~。あと、桜木が色々な人物の「あだ名」をつけて呼ぶのがけっこう好きでした。

 

ボス猿、ゴリ、じい、じじい、りょーちん、ミッチー、カリメロ、トーテムポール、、、、

 

あとは個人的には「仙道」が好きですね~、、

 

「さぁ、いこーか」

「あわてるこたーない」

 

と言ったセリフ!

 

マンガが終ったときは「ここで終わるんかい!」って思い、まだまだ続いて欲しかったですね~。とりあえず、これも何回も読んでるので7位にしました。

 

6位:ヒカルの碁

ヒカルの碁 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

原作:ほったゆみさん

漫画:小畑 健さん のコンビ作。

 

タイトル通り、「碁」のマンガです。

 

とりあえずこのマンガも大好きです。主人公のヒカルが、藤原佐偽という碁打ちの幽霊に取り付かれたことから、碁を始めるっていうマンガ。碁に触れたことも無い子供が、碁の天才の子供に勝ってしまい、そこからこの子供は何なんだ!っていう感じで始まっていきます。絵もうまいし、ストーリーもおもしろく、碁が分からなくても楽しめます!個人的にお勧めのマンガですね~。

 

5位:デスノート

DEATH NOTE モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

原作:大場つぐみさん

漫画:小畑 健さん のコンビ作。

 

またまた小畑健さんですね。

 

このマンガも映画化されたりして、言わずと知れたマンガですよね。もう何回も読みましたが、また読みたくなってます。人の名前を書くとその人が死ぬという「デスノート」。いや~、よくこんなマンガ考えたなって思います。主人公の夜神月探偵・Lとの壮絶な頭脳戦です。また、「死神」も出てきますし、この後どうなるんだ!って思いながらいつも読んでました。

 

 

4位:やまだたいちの奇蹟

ペナントレース やまだたいちの奇蹟 1 (ミッシィコミックス)

 

これはですね、、、

何かふと読みたくなってしまいました。って、実は全巻読んだのかさえ覚えていません(笑)野球のマンガで、てんで下手な「やまだたいち」って主人公が頑張って野球をやっている!っていうことは覚えてます。あと、絵が個性的だったな~!って。よくみんな、鼻水やよだれタレまくりだったような気がします(笑)何だかんだ読むとおもしろかったんですよね~。あと、自分が子供のころ野球部だったっていうのもありますね。もう一回読みたいな~って思います。

 

3位:幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書 (12) (ジャンプ・コミックス)

 

最近読んでないな~って思い、読みたくなってきました。う~ん、最初の始まりとかあんまり思い出せない(笑)とりあえず、主人公の浦飯幽助が「霊丸(れいがん)」を使っていたことは覚えてます(笑)。子供のころよく真似してました

 

で、一番覚えてるのは戸愚呂兄弟との戦い。弟と幽助が戦ったんですよね~で、戸愚呂・弟の100%姿になって戦ったりしてましたよね。あとは桑原の霊剣だったかな?あれもよく真似してたな~。それと飛影・蔵馬も好きでした。

 

2位:るろうに剣心

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― モノクロ版 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

これも最近読んでないな~と思い、2位です。明治時代初期の日本が舞台です。伝説の人斬り抜刀斎・緋村剣心が主人公でしたね~

 

個人的によく真似したのは、「二重の極み」ですね。相楽左之助が志々雄一派の十本刀の「“明王”の安慈」から教えてもらったんですよね。最後は「三重の極み」になってましたが(笑)

 

1位:とっても!ラッキーマン

とっても!ラッキーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ガモウひろしさんの作品です。

子供のころ、実は全巻買いました!

 

これも最近全然読んでなくて、ふと読みたいな~!って思いました。そんな中でもとりあえず今読みたいのはこれかな?って思ったのが「ラッキーマン」でした。このマンガはヒーローマンガです。主人公の「ラッキーマン」は名前どおり、ラッキーな野郎です(笑)とりあえずギャクマンガで、舞台は地球から始まります。

 

色々な問題が起きるんですが、全てラッキー(運)だけで解決していきます。 

しかも他にも、得意技があって、

 ・ラッキー

 ・クッキー

 ・「たまごやきー」

という感じで最後の3つ目が、「き」で終わるものなら何でも出せるという優れもの(笑)ってことは「洗濯機~」とかも出せますね。ってかそんなもの何に使うんだ(笑)

 

 で、このマンガは最後は宇宙がいくつも出てきたり、大宇宙だったり裏宇宙だったり、スケールが壮大過ぎて、今のドラゴンボール超より壮大です(笑)

 

 まぁそんな感じで今回は「とっても!ラッキーマン」を1位とさせて頂きました。

 

 

あとがき

さて、どうだったでしょうか?

私、まっつんの思う、もう一度読みたい、懐かしいと思うマンガランキングTOP10でした。懐かしいな~、なんて思っていただけるだけでも幸いです。とりあえず「ラッキーマン」「やまだたいち」をもう一度読んでみようかな~なんて思ってます。

 

さてさて、今回は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました!!