まっつんのひとり言

サラリーマン・まっつんの伝えたいこと。日々、思うことなどをお伝えしたいと思ってます!

福岡に住む30代会社員・まっつんのひとり言。マンガ・将棋・ランニングなど趣味の話題、書籍、日常の話題などを綴っています。ご覧いただけると幸いです!一児の父☆

確認すべきことを放置すると結局あとで苦労する。FA技術の話。

こんにちは、まっつんです。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は私の仕事、FA技術における

仕事でのできごとです。

 

~タイトル~

確認すべきことを放置すると結局あとで苦労する!

それにしてもFA技術って10年経っても

常に分からないことがあるもんだなぁ、、、

 

目次

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PLCと上位パソコンとの通信が必要

 今、自分が担当している自動化設備が

あるんですが、その設備のPLCが今回、

上位のパソコンとの通信をする必要があります。

 

で、どのような通信を行うかと言うと、

シリアル通信で、RS-422A方式。

 

 イメージはこんな感じです。

f:id:shinya-matsumura0418:20170610230516p:plain

 

ちなみにPLCっていうのは

 

 プログラマブルコントローラ

 

のことで、工場の自動化設備なんかを

動かすときに使われるものです。

 

三菱製のものは特に

 「シーケンサ」

なんて呼ばれたりします。

 

さっきの図にも乗ってますが、

PLCはこんなんです↓↓↓

f:id:shinya-matsumura0418:20170610230001p:plain

 

 

訳の分からない伝文フォーマット表が送られてくる

さて、PLCとパソコンをシリアル通信で

データのやりとりをさせるためには、

色々と取り決めが必要です。

 

伝文フォーマットとか通信プロトコルとか

言われたりします。

 

要は通信の取り決めです。

 

「私はこうやって送るから、

 あなたはこうやって返してね」

っていう感じ。

 

で、今回の取り決めを送って下さいって

お客さんに頼むと、

訳の分からない伝文フォーマットが送られてきた。

 

 

なんじゃこりゃ、、、? 

 

 

これは一度、打合せをする必要がある

ってことでお客さんと打合せ。

 

今回の設備は三菱PLCなので、一般的には

「MCプロトコル」

っていう通信プロトコルを使います。

 

ってことで、

 MCプロトコルでやって欲しい

って旨を伝え、お客さんも了承してくれました。

 

ところで、今回担当している設備ですが、

実は10年以上前に同じ設備を納入したという

実績が私の会社にはあり(私の入社前)、

 

そのときはどういう通信プロトコル

だったか調べて欲しい

 

という要望を受けました。

 

前回の設備のPLCは安川電機製のGL(今回は三菱)

 色々と調べると、

 前回のPLCは「安川電機製のGL」

というものでした。

 

で、上位パソコンと通信していた

ユニットも調べました。

 

すると、

 

「MEMOBUSプロトコルまたは任意のプロトコル」

 

で通信可能、とのこと。

 

 

なるほどね、、、

 

 

前回のGLとうPLCのプログラムも確認し、

通信用のラダープログラムがないことが判明。

 

 

通信用のラダープログラムがないってことは

 十中八九、MEMOBUSプロトコル

ってことが分かった。

 

で、その件をお客さんに報告し、

今回は三菱なので「MCプロトコル」で

対応お願いしますと依頼。

 

 

お客さんもよく分かっておらず、段取り不足

MCプロトコルでやってもらえれば問題ないな~

って思っているとお客さんから電話。

 

話を聞いていると、お客さんが頼んでいる

パソコンメーカーさんが 拗ねちゃった?模様。

 

要は、

 

「今更言われてもできません!」

 

ってなっちゃってるみたいです。

 

で、私、まっつんに、

 

「今回のプロトコルの伝文を

 表にしてもらえませんか」

 

って言ってきました。

 

 

 

 

 

 

いや、それパソコン屋さんの仕事ですよね!?

 

 

 

取説見てやってよ!!

 

 

 

というのが率直な感想。

 

 

そもそもお客さんがそのあたりを

ちゃんと交通整理してもらわないと、、、、

 

 

 

もらった表はMEMOBUSプロトコルと完全一致、今回はMCプロトコルにしてもらうしかないが、、、

その電話の後、再度MEMOBUSプロトコルについて

調べていると、

 

先日お客さんよりもらった伝文フォーマットが

MEMOBUSプロトコルと完全に一致。

 

 

今回、PLCが安川電機ではなく三菱電機なんだから、

 

MEMOBUSプロトコルで

通信しようとしても無理な話(笑)

 

 

ってことは結局、

 

パソコン屋さんにMCプロトコルの取説を

見て変更してもらうしかない。

 

 

またお客さんへ連絡や、、、、、

 

 

そもそも私が、

 

MEMOBUSプロトコルについて

少しでも知識を持っていれば、

 

もっとスムーズに話ができていたのにな~

 

なんて思ったりもしてました。

こればっかりは 知らなかったから仕方ないんですが。

 

気になることを放置すると結局あとで苦労する。

ってことで、今回はやっぱりパソコン屋さんに

MCプロトコルに対応してもらうしかありません。

 

このあたりの話って、

本当はお客さんがしっかり段取りするべき話。

 

でも、実はこの話は前々から出ていたみたいで、

私の上司がお客さんに、

 

今回はパソコンとPLCの通信は

どうなるのか教えてくれ

 

っていう話をしていた模様。

 

議事録を見ると、その話は3月にしていた。

今、6月。

 

で、

 後日ご連絡を頂く、

ってことになっていた模様。

 

結局連絡がなかったみたいですが、

 

 

気になるならその後も何回か催促して、

明らかにするべきだったんじゃないか?

 

 

だから今、パソコン屋さんもお客さんも

自分達もこんなにも混乱してるんじゃないか?

 

 

って思いました。

 

 

ていうことで今回一番思ったのは、

 

「気になることを放置すると

 結局、後で数倍苦労する!」

 

ってことです。

 

自分としては確認したんですが、あとから担当に

なったので時期的には遅くなりました。

結局、上司が早めに確認をしてなかったことも

今回混乱した要因のひとつだと思いました。

 

これを教訓に、自分としては今後こういう

ことがないようにしていきたいですね。

 

 

あとがき

 今回思ったことがもう1つあります。

それは、

 

「FA技術の仕事は10年経っても

 まだまだ分からないことだらけやなぁ」

 

ってことです。

 

自動化設備を取り巻く環境は常に進化しています。

新しい機器がどんどん出てきます。

 

それに、一口にPLCと言ってもさまざまな

メーカーのものがあります。

 

三菱電機、OMRON、キーエンス、Panasonic、

TOYOPUC、安川電機MP、、、、、etc

 

それぞれで違いがありますし、今回のように

通信プロトコルの違いもあります。

 

たかが10年で全て把握することなど不可能。

むしろ20年でも30年でも無理かもしれません。

 

そういう意味で言うと、FA技術の仕事って

 

一生勉強

 

って言うこともできるかもしれません。

 

いつまでこの仕事をするか分かりませんが、

とにかく日々勉強と思って頑張るしかないですねぇ。

 

 

さて、今回は以上です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!