まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言。ご覧頂きありがとうございます。

サラリーマンと一人親方(個人事業主)では仕事に対する姿勢が違う?

サラリーマンと一人親方、いわゆる個人事業主では仕事に対する姿勢が違うと思ったっていう話です。


今、自分が担当している設備の仕事があり、現場仕事を委託している会社があるんですが、その中にはその会社の従業員やそこに雇われた一人親方(個人事業主)がいます。


で、一緒にやってて感じたのが今回の話です。


従業員(サラリーマン)は言われたことしかやらない

極端なことを言うと、この一言。

f:id:shinya-matsumura0418:20170706211741j:plain


もちろん全員とは言いませんが、この傾向が強いと感じます。


仕事を進めていく中で、やっぱりうまく行かないことは多々あります。そんな時、現場の人がどのように対応してくれるかで仕事の進み具合も全く違います。

一人親方(個人事業主)は積極的

「何かやりましょうか?」
「ここはこうした方がいいんじゃないですか?」


こういう風に接してもらえるとすごくやりやすい。


今、自分がやっている現場の一人親方の人は上記のような感じで積極的。

それから、仕事に変に線引きをしない。



「配線が絡むところは私の仕事ではありません」


これが従業員。


「いやいや、配線が絡むって、端子の圧着とかするわけでもないのにそれはないでしょ、、、、」
というのが私の本音。

f:id:shinya-matsumura0418:20170706210628j:plain

結局はどちらともうまく付き合っていくしかない

まぁそうはいっても、一人親方いわゆる個人事業主とだけ仕事をしていくのか?っていうとそんな単純な話でもありません。


やっぱり個人事業主の方にもデメリットはあります。

・代わりがいない
・いきなり来なくなる人も中にはいる
・何かあってもバックアップがない


逆に会社へ仕事を依頼したときの良い点は、

・代わりがいる
・何かあったら会社のバックアップがある
・複数人での仕事を頼める


ということかな?と思います。


結局は、両方とうまく付き合って行くしかないと思います。

会社の従業員の方には、その人の得意なことを頼んだり、どんどんこっちから指示をしたりする。


一人親方には、ある程度任せてやってもらう、たまに監視する、というような感じでやっていく。


そういった感じで仕事をうまく進めていけたらいいなと思います。


まぁなかなか難しい面もあり、色々と悩むところではありますが、頑張っていくしかありません。
そんな風に思います。


今回は以上です。
最後までお読み頂きありがとうございました。

f:id:shinya-matsumura0418:20170706210811j:plain