まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言。ご覧頂きありがとうございます。

会社や先輩に感謝、感謝・・・!サポートが手厚すぎるし、皆優しくて本当感謝。

今日、会社の先輩から電話がありました。その人は今、本社の総務にいる先輩。

 

「今、どうしてる?」

 

その後、ちょっと話して、

 

「まっつんの年休の件なんだけど、もうあと20日しかなくなってきてるんよ。で、やっぱり20日くらいは残しておいた方が復帰した後にいいと思うから、そろそろ病欠に切り替えようと思う。いいかな?」

 

私まっつんとしては、そりゃもちろんOKですって感じ。むしろ、10月分まで積立休暇やら年次有給休暇で処理してもらって、8月からこれまで100%給料もらってただけでもありがたかったんですよね。で、あと気になることとしては、傷病手当の申請などをどうするかってことでした。そしたら、

 

何もしなくていいよ!病欠にしたら会社から自動的に支払われるシステムになってるから、心配しなくていいよ」

 

とのこと。さらに、

 

「傷病手当金67%に加えて会社の健康保険組合から少し上乗せされて、合計で80%が支払われるよ」

 

!!!

えっ、、、!?

そんなに頂けるの?

休んでるのに、、、。

 

それが率直な感想。

 

物凄い手厚いサポートだなと思いました。また、それを休んでいる本人が何もせずとも勝手に会社で手続きしてくれるなんて本当に感謝です。やっぱり大きい会社は違うんだなと思いました。自分の親や弟の場合は、病欠のとき、自分で傷病手当金を「協会けんぽ」に申請して、「協会けんぽ」から手当金を受け取っていました。

 

それから、新入社員の時から自分をかわいがってくれた先輩が総務にいることもめっちゃ心強いと思いました。しかもめっっっちゃ優しい。まぁその総務の先輩に限ったことではありませんが、上司にしても先輩にしても、会社にいる人はみんな優しくしてくれるので、本当に感謝です。(お前が休んで大変だよ!どう責任とるんだ!みたいなこと言う人は誰もいない)

 

 

こんなこと言うものなんですが、休む直前なんかはこんな会社絶対辞めるぞ!なんて思ったりもしてました。でも、こんだけ色々と優しくしてもらったり、サポートが充実していることが分かり、やっぱりもう少し今の会社で頑張ってみたいなって思ってきました。休んだことで初めて自分の会社の良さに気付く、、、今日は本当にそう思いました。会社っていうか、人の良さっていうか、、、そんな感じです。とりあえず明日から「リワーク」始まるんで、まずはそれを頑張ってみるか!!

 

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。