まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

(気分障害【躁うつ病】で休職)リワーク三者面談。リワーク担当者+産業医+自分。

今日はリワークにて会社の産業医の先生を交えての三者面談だった。これまではリワーク担当者の方と休職に至るまでの振り返りや自身の傾向を確かめたりしていたが、今回はその中間報告だった。

 

内容を備忘録として残しておくこととする。

 

三者面談(リワーク担当者+産業医+自分)の目的

三者面談の目的としては、会社側にリワークの進捗状況の報告を行うと共に、休業者つまり自分がどのような状況かを見定める意味もあったと思う。こいつ、少しは変わってるかな?みたいな。

 

産業医「いや~、復職厳しいね~、、、(苦笑)!」(面談の内容)

面談の内容としては1時間ちょっとみっちりお話させて頂いたのだが、とりあえず産業医の先生の結論としては、

 

「いや~、厳しい。今のままじゃ復職は厳しいね~(苦笑)」

 

というもの。何故そんなことになったのか。以下にその内容を記しておく。

 

さて、なぜ産業医の先生がそんな風になったのかというと、自分が用意した「1枚」の紙を見せながら説明したからだ。その紙には、

 

①自分が休職に至った経緯(why)、

②リワークでどんな体調管理を学んでいきたいか(what)、

③今後どのような働き方をしていきたいか(how)

 

というものをまとめていた。その中でも、③の「今後どのような働き方をしていきたいか」の中には良くも悪くも思い浮かんだものをガンガン詰め込んでいた。と言っても資料作成段階でかなりの情報が出ていたが、その中でも「自分がこうしたい」と思うものを書いた。かなり自分本位の内容を書き連ねた。軽く紹介すると、

 

<業務関係>

・基本、残業/休出無し(または代わりの休み)

・年休全て消化

・多忙の後はせめて1ヵ月くらい余裕期間くれ

 

もちろんこれらをするにあたって、自分も優先順位づけや早めの相談など、効率の良い仕事をするとも記載。

 

<管理関係>

・日報の誤魔化し無し

・週報を無くす

・これまでのようなサービス残業無し

・感謝や労いのある職場

 

<人間関係>

・A氏とは席を離してくれ(気が散る、無駄に時間取られる)

・B氏とは仕事無理(そもそもこいつは仕事できてない)

・上司⇒仕事量把握・調整/後から残業調整してくるな/飲み会強要するな/改善活動リーダー毎回押し付けるな

 

とまぁ自分的には思ってることぶつけました。もちろん全部実現するなんて思ってませんよ?でも、

 

自分が何をどう思っているか、これを言わないことには何も変わらないと思った。

 

なので、この際全部言ってしまえ!と思い、その為には「1枚」の紙の資料がいると思い作成した訳です。(頭で考えて何も見ずに言えることなんてたかが知れている)

 

 

で、その結果、産業医の先生が「変えられるものは2つだけ」と言った。1つは「労働時間」。これは産業医の先生が、まっつんに残業をさせるな!と言って労働時間をコントロールする方法2つ目は自分自身(まっつん)が変わること。それに「労働時間」も未来永劫は無理だよと。

 

それから、先生がその資料の説明を聞いて思ったことが「まっつんさんはキャラクターとして今の職場で折り合いをつけることは難しいのでは?」との話をされた。先生がこう言った裏には「こいつちっとも変ってねぇな」っていう意味があったとも思う。そのうえで、「リペア部門」がいいのではないか?という提案もされた。自分的に技術職の仕事が好きなのは好きだが、今までのようなやり方はもうできない気がする。

 

それに、先生曰く「上司は何も変わらんよ。今もちっとも変ってないよ。やり方を変える力もないよ」とも。そうなると、やっぱり部署変更してもらうしかないかもしれない。それに、ここ数年は「自分の部署に未来を感じない、部署移動するなら若い今しかない!」なんて思ってたことを思い出した。それに、今の部署のままずっとやり続けるよりも、違う部署も経験してみたいとも思いました。

 

 

他にアドバイスとしては、自分がおかしいと思う「枠の外」にあるものをどうとらえるかが大事とのこと。1つ1つ不信感を感じていたら身が持たないよと。でもまっつんさんはキャラクター的にそれが厳しいかもしれない、だったら職場のストレスが少ないところに行くしかないよね、と。

 

自分としては子供も2歳になるし、大丈夫な気もするという話をした。だが先生は、「じゃあ忙しい時に子供が熱を出したら?2人目が産まれたら?その時にまっつんさんはまた体調を崩すと思う」とバッサリ「おれもできることならまっつんさんに自分を変えてもらって今の職場に戻ってもらうのが一番いいけどねぇ、、、」

 

 

で、自分が思った結論。

 

リペア上等じゃねぇか!行ってみようじゃねぇか!(行かせて頂きます!かな?!笑)

 

年は30代半ば。ここからのキャリアチェンジも悪くない!とりあえず選択肢の1つとして自分の中で優先順位がリペアに上昇気味

 

 

別に今の技術なんて全部取っ払って、一からまたやったっていいじゃねぇか!!どんな結果になるかなんて、行ってみないと分からない!!行かなくて後悔するくらいなら、行って方が絶対マシだよな。うん。

 

 

とりあえず今はそんな気持ち。

 

 

今後の話

2日後に今度は会社の診療所へ来てくれって産業医の先生に言われた。何か、「マインドフルネス瞑想」っていうのと「食事」について教えてくれるそうです。何なんだろう?!楽しみですな。

 

 

さて、こんなところで今回は以上ですが、これまでの経緯として以下に関連記事を載せておきます。