まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

新たな環境では一時的にIQが下がる!しかし慣れればそれも収まり、新たな成長が待っている!

今回は浅田すぐるさんのメルマガの話が心に刺さったのでご紹介。心に響きまくったので、まずはその原文を載せておきます。(パクリ問題大丈夫か?!笑)

浅田さんメルマガ#733本文

今回は、


 1月から新しい環境で
 がんばっている方々


をメイン対象に、

 これは向き合っておいた方がいい

という大事な知見をシェアします。

 

先日、ある方と話をしていると
とても落ち込んだ様子でした。

 

この1月から新しい部署に異動し、
新たな仕事を担当するようになった。

 

しかしながら、1月2週目に入っても
全く思うように働けず、周りにも
迷惑をかけてばかり・・・

そんな状況だったそうです。

 

ここまでの話だけを聞けば、

 

慣れない環境なのだからそんなことは
当たり前であり、まだ2週間の段階で
何をそんなに悲観しているんだ!

 

という感じがしてしまいます。

実際、読んでいてあなたもそのように
感じられたのではないでしょうか?

ところが・・・

もう少し詳しく話を聴いてみると、
どうやら落ち込んでいる理由は
別のところにあったようなのです。

いったい何かというと、


 自分では考えられない、
 ありえないようなミスを
 何度もやっているから


へこんでいるようなのです。

「考えられない・ありえない」

というのは、たとえば、


・通勤中に、なぜか普段と
 反対側の線路に降りてしまい、
 人の流れに押し潰されながら
 必死に移動する羽目になった


・食堂で、なぜか食べ終わった
 料理を返却口に戻さずに外に
 出ようとしてしまい、周りに
 放置するなと咎められてしまった


・今まで当たり前のように使えていた
 職場の印刷機の使い方がなぜか
 分からなくなってしまい、後輩に
 教えを乞うという恥ずかしい姿を
 周囲にさらしてしまった


こんなことが3つも続けば、
たしかに誰でも、


・どうした、私・・・

・やばいんじゃないか、私・・・

・もしかしてボケてきた?私・・・


となってしまうのではないでしょうか?


で、この話を聞いて
私がどんなアドバイスをしたか?


まず、相変わらずこう言いました。


 それらは全て、当たり前の現象
 が起きているだけです


と。ただ、その後にすぐ
こう付け加えました。


 なぜかというと、これは脳科学
 の分野からの知見なのですが、

 人は誰しも新環境に身を置くと、

  当初はIQが下がる

 からです


と。要するに、新たな環境では


 一時的に頭が悪くなってしまう


のです。
もちろん、環境に慣れればこれは
解消していきます。なので何も
心配する必要はないのですが、


 新環境では当初IQが下がる


という知見がもしなかったら、
今回ご紹介した人のように

 過度に落ち込んでしまう

のではないでしょうか。

 

あるいは、もしあなたが
マネージャーの立場だったとしたら、

新たに配属されてきた部下について、

 ただ環境に慣れておらず
 一時的にIQが落ちているだけ

なのにもかかわらず、

 こいつはやばいんじゃないか!?

などと、いきなり烙印を押して
しまっていないかということです。


実際、私もトヨタ時代に
米国勤務をした際、まさに
このことを体感しました。


・仕事内容も、

・勤務地も、

・住む場所も、


全てが新環境でしたから、


 これは猛烈にIQが下がる


わけです。結果、信じられない
ミスを連発し、当時は本当に
毎日のように落ち込んでいました。


 新環境では当初IQが下がる

 

という知見が
当時の自分にはなかったため、
(周りの先輩・上司筋にも
 こういう知見に理解のある人
 は皆無でしたので・・・)


 まあ当たり前の現象が
 起きているだけなんだし、
 そのうち慣れるから大丈夫


なんていう前向きな捉え方は
全然できなかったのです。

 

結果、自信を喪失し、
モチベーションが萎え、
そのせいでまたミスが増え
さらに自信を失い・・・


 自信喪失スパイラル


に陥ってしまったわけです。
(その後私がどうなったかについては
プロフィールに記載している通りです)


この1月から新たな環境で
仕事をすることになった方へ。


 新環境では当初IQが下がる


この1行をぜひ知っておいてください。
そして活用してください。

 

あなたが何か、信じられないようなミス
や失態をしたときに、このフレーズは
きっとあなたを救ってくれるはずです。

知は幸せの活力なり!

どうぞお役立てください。


さて、最後にもう1つ、今回明らかに
しておきたいことがあります。


 新環境では当初IQが下がる


というメッセージには
ある大前提があります。それは、


 人は、自分が思っているよりも
 はるかに環境の影響を受けやすい


今日はもっぱら、悪影響の方で
話をしましたが、逆もまた真なりです。


 良い環境に身を置けば、
 どんどん自分も良い方向に変化できる


自分の意志でなんとかしようとする
のではなく、環境の力を積極的に活用する。

これが鉄板の成長・成功法則です。


但し、今回書いた通り
当初はIQが下がります。なので、
初期の細かいミスは気にしないように。

間違っても、ミスを犯した現実
から逃避するような流れで、

 この新しい環境は自分には
 あってないんじゃないか・・・

などと即断しないこと。

 

環境のチカラ、良くも悪くも
しっかり理解しておきましょう。


では、また次回。

 

個人的感想

今回の内容は一言でいうと「心に響きました」ね。というのも、自分は今、仕事を休職中。先日、産業医の先生との面談があり、自分の思いをぶつけたところ、先生からは「まっつんさんのキャラクターを考えると今の部署では幸せには慣れない気がする」と言われ、「リペア部門や倉庫部門はどうか」という話を持ちかけられました。もちろん、「今の部署に戻ってもらうのが私としてはありがたいが」という意見もありました。自分としても「今の部署に自信もあるし、また新しい部署でうまくやっていけるんだろうか?そして今の技術を全て捨ててしまっていいのだろうか?」という思い(不安)がありました。

 

しかし今回、浅田すぐるさんのメルマガを読んで、「新しい環境に身を置いてみるのもいいかもしれない」とも思えた。実際、元の部署に戻っても周りは全く変わっていない訳で、自分も簡単には変われないと思う。そうなると、もうこれは環境を変えるしかない!っていうことになります。

 

そして、環境を変えることによる不安も今回浅田さんのメールでかなり落ち着いて考えることができています。環境を変えると一時的にIQが落ち、頭が悪くなることによって自分では思ってもみないミスが起きる。しかしそれは時が経って慣れてくれば自然と収まるもの。そして、その新たな環境が自分にとって良い環境であれば、自分もどんどんいい方向に変化できる。そういった考え方を知ることができたのは、自分にとってかなりのプラスになったと思います。

 

産業医の先生が、何度も自分を見てきて、リペア部門などはどうかと勧めているからには、そこが私にとって良い環境なのではないかと思ってくれているということでは?ここはひとつ、その部門に身を置いてやってみる!ということも良いのではないか?そう思えました。

 

 

今回の話、新しい部署に異動したり転職したり、何か小さなことでも、とにかく新しい環境に身を置いた人にとってはかなり参考になる話だと思います。私のように心に響いてくれる人がいれば幸いです。そして、響いた人は是非とも「浅田すぐる」さんのメルマガに登録することをお勧めします。こんな素晴らしい内容が無料で読めるんですから登録しない手はありません。

 

最後におすすめ過去記事も載せておきます。

 

 

さて、今回は以上です。最後までお読み頂きありがとうござました。