まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

複数のモーダルチャンネル(五感)を活用して相手に伝える工夫をする!浅田すぐるさんメルマガ!

今回も浅田すぐるさんのメルマガが響いたので残しておきます。とりあえず原文載せます。勝手に載せて浅田さんに怒られないかな?!という不安は若干ありますが、、、。

浅田さんメルマガ原文!「雪と都会とモーダルチャンネル」

東京での積雪を受け、昨日
Facebookにこんな投稿をしました。

===============

【雪と都会とモーダルチャンネル】

都会に雪が積もった翌朝は、
個人的にとても好きです。

雪には吸音効果があるため、
普段の喧騒が消え、
とても静寂な雰囲気になる。
このコントラストは、雪国に観光に
行ったのでは味わえない独特さがあります。

昔は、景色の見た目上の変化で好きだと
思っていましたが、モーダルチャンネル
という言葉を知って以降、どうやら視覚
ではなく聴覚的な静けさから好きなんだ
という認識になりました。

五感とかVAKとか色々分類はあるけど、
どの感覚に働きかけるかは、
コミュニケーションでも重要です。

まずは、自分の感情が
どの感覚によってもたらされたのか。
この自覚を高めることからスタートだと思います。

===============

モーダルチャンネルというのは、


 五感に代表される知覚


のことだとご理解ください。


上記について、
メルマガ読者さんには、


 気づきを促す質問


を追記しておきます。


あなたは普段、
自身が伝えたいメッセージを
相手に届けるとき、


 1回やってダメだったら、
 別のモーダルチャンネルを使って
 伝え直してみる


ということをやっているでしょうか?

あるいは、


 最初から複数のモーダルチャンネル
 に働きかけて伝える


ということをやれているでしょうか?

口頭=聴覚だけで伝えてダメなら、
見せて=視覚で伝え直してみる。

それでもダメなら、体感で伝えてみる。

自動車のセールスでいえば、順に、

・口頭だけで商談
・カタログを見せながら商談
・試乗しながら商談

というイメージです。

良い気づきの機会となれば幸いです。


それと・・・

今回の話は学習でも重要です。

あなたは何かを学ぶとき、


・書籍で学ぶ

・音声や動画で学ぶ

・ライブで学ぶ


ということについて、どの程度
意識的に組み合わせているでしょうか?

これも結局、

 モーダルチャンネルを変えながら
 インプットしている

ということであり、当然ながら、

 上記3つを全て組み合わせることが、
 最も速くて深い理解・認識に至る方法

になります。

だからこそ、私も

 書籍や動画、ライブ等々

様々な学習機会を提供している次第です。

 

感想

いや~、また良い気付きを与えてもらいました、、、、。モーダルチャンネルって言われても自分にはちょっと難しく思えてしまうので、まぁ色々な五感(聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚)に訴えかけて伝えることができるか?という感じで認識しておきたいと思います。

 

例えば自分が人に何かを伝えたい場合、「口頭=聴覚」のみで伝えようとするのではなく、「資料を見せる=視覚」も交える。これは浅田すぐるさんの「1枚ワークス」では当然のことなんですけど、、、。改めてこの考えは大事にしたいと思います。と言っても、そこまでする必要のないことまで、やり過ぎてしまうようなことのないように注意はしていきたいと思っています。

 

ただ、人に何かを伝えたいときや自分が何かを実践したいときには、

・情報を整理する

・考えをまとめる

・相手に伝える(実践する)

ということを改めて念頭に入れたいと思います。というか、仕事はこの3つができればいいんだ!!ということを再確認しました。

 

さらに人に伝えるときは、資料を見せながら指をさす、というのも大事。それによって、人の意識を資料に持っていくことができる。まぁこれも浅田さんの本に載っている基本的なことですが、やはりこの基本動作を大事にしていきたいと思った次第です。

 

さて、今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!!