まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

うつトリガー発見。スマホが鳴ると一瞬胸がざわつく。認知行動療法など解決策を考える。

新たなうつトリガーを発見。

今回はうつヌケ・うつトリガーの話。先程、またしてもこれは「うつトリガー」じゃないのか?と言うものを発見。


それが、、、



「スマホが鳴る」



ということ。マナーモードの場合はバイブでも同じ。

さっきスマホが鳴ったんですが、一瞬「ドキッとした」のが分かりました。


何で???


と言う方ももちろんいらっしゃるでしょう。この理由について自分なりに考えてみました。


これまで10年以上仕事をしてきて、自分は以下のような状態になってました。


・メールはすぐ返信する
・電話がかかってきたら必ず折り返す
・年々、色んな人から連絡が来るようになる
・連絡が来るたびに取り合っていると自分のことが出来なくなる
・何故そんなことをしていたのか?それは早く片付けて忘れて、自分のことをする為。


このようなことをやっていると、次第に自分を消耗してしまうと共に、スマホが鳴ったりパソコンのメールが来るたびに「イラッ!」となったり、「ガックリ」したりしていた。そして、仕事がなかったり終わって帰った後、つまりリラックスしている時にスマホが鳴ると「ビクッ」としていた。また何かあったのか、、、、??みたいな


これはつまり、長年の仕事の中で、スマホや会社のメールは「何か悪い知らせに違いない」ということが自分の中に埋め込まれてしまったんではないかと推測しています。早く返信を済ませて自分のことをやる!ということからやっていたことが、逆に自分のことを苦しめてしまっていたわけです。


更にいうと、昨今の技術の進歩によって、いつでもどこでも連絡が取れてしまうという負の側面に対応出来なかったとも言えると思う。

今回のうつトリガーの解決策

さて、今回のうつトリガーの解決策を考えてみました。

メールの返信はすぐにはしない。電話も同じ。

緊急なものだけすぐ返信する。そもそもすぐに返信しなくても、送った相手が急いでいたら何度か連絡が来るはずである、くらいの楽な気持ちで。

電話もこれと同じ。かけた相手が急いでいるなら、またかかってくるはずである。だからそんなに急いでかけなおす必要はない。

スマホの電源を切る。

自分が何かに集中したいときやリラックスしたいときは思い切ってスマホの電源を切ってみる。これによって、スマホが鳴ることはまずない。これを1日の中で数時間でもいいから時間を決めてやってみる。

メールの自動応答システムを利用する。

基本的な考えはスマホの電源を切る、というのと同じです。要は集中したい時間を決めて、その時間はメールを自動応答にしてしまうというもの。

例えば、


「ご連絡ありがとうございます。現在、現場の試運転で立て込んでおります。後ほど確認させて頂きます。」


とでも設定しておけばいいのではないかと思う。これでメールを送った相手も、返信が来なくてもそんなに悪い気はしないのではないか?

認知行動療法を活用法する

これまでの解決策でも効果はあると思うが、メールや電話が嫌だということは変わっていない。そこで、認知行動療法である。


これまでメールや電話があったとしても、悪い知らせばかりではなかったはず。逆に嬉しい知らせもたくさんあったはずである。人間って(自分だけか?)やっぱり悪いことはよく覚えてるもんなんですよね。そこを、認知(思考)を変えて気分を下げないようにする。

まず事実としては、

「2/1の昼、スマホが鳴った」

認知(思考)は、

「悪い知らせに違いない」

気分は、

・不安70%
・憂うつ80%

となる。

認知の根拠となる事実は、

今までも不具合やどうでもいい連絡、文句を言われたり呼び出されたり、しょーもない会議の連絡などが多々あった。

認知(思考)と異なる反証の事実は、

お礼だったり、家族や友人・恋人からの楽しかっり嬉しかったりする連絡もあった。

これらにより適応的思考は、

電話やメールの連絡があっても、いつも悪い知らせではなく、良い知らせるのときもある。ただそこにあるのは、「連絡先来た」という事実だけ。だから、そこまで不安に思う必要もないのでは?


この適応的思考は、「自分以外の誰かにアドバイスするとしたら??」等の気持ちを持って、プラスでもマイナスでもない論理的な考え方をするのがポイント。


よく、なんの根拠もなく「そんなに深く考えなくても大丈夫よ!気にするな!」なんて何の裏付けもなくアドバイスとかする人がいますが、これでは何の解決にもなりませんよね。

以上のことから最終的な気分は、

・不安30%
・憂うつ30%

となり、マイナスな気分が減りました。



とまぁ、これが「認知行動療法」です。気をつけなければならないのは、この「認知行動療法」をやったからと言って必ずしも気分がプラスになる訳ではないということ。


その場合は、反証の事実の見直しや、最初からやり直したりします。一発勝負を狙わず、何回かトライして見るのがポイントです。


さてさて、今回は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。