まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

近視用の眼鏡の度数は少し弱め(1.0くらい)が疲れにくくお勧め。眼科の先生より。

まえがき

f:id:shinya-matsumura0418:20180224113509p:plain

私はこれまで眼鏡というものは視力1.5くらい見えるのがいいと思っていました。何故か、、、、?「その方がよく見えるから!」って単純な理由です(笑)。でも最近、インターネットで「視力が良くなった」っていう以下の記事を読んだんです。

この記事を読んで単純に「おれも視力回復してぇ!!」って思いました。なんだかんだ色々方法はあるみたいですが、まずは【眼鏡の度数を下げる】ことが大事そうでした。そこで、「よし、おれも眼鏡の度数を下げてみよう」ってなった訳です。ちなみに昨日(2018/2/23)のお話です。

眼鏡屋さんに「今の眼鏡は焦点が左右で違うようです」と言われ、眼科へ

とりあえず最寄りの眼鏡屋さんに行ったところ、「今の眼鏡は左右のレンズで焦点がずれています」とのこと。確かにここ7~8年で作った3本の眼鏡はそうしてもらった気がする。3本のうちの最初に作った眼鏡がそうだったから、それに合わせてもらったような、、、?それくらいの記憶しかありません。

 

で、眼鏡屋さんから「眼科に一度行かれた方がいいと思います」と言われました。その時は「すぐ欲しいのに!」って思いましたけど、「今後の為にもここで決断するのは時期尚早だな、、、、眼科に行こう!」と思いました。

眼科へ行った。先生「今の眼鏡、なんでこんな強くしとると?」

眼科へ行って色々調べてもらったところ、以下のことが分かりました。

・眼鏡をかけた状態で左右共に1.5の視力がある

・裸眼での視力は左右とも0.1

・眼精疲労や白内障はない

・焦点のずれはないから普通の眼鏡で良い

 

それから、先生との診断があったんですが、その時の会話の一部が以下です。先生からいきなり指摘されちゃいましたけど(笑)

~~~↓先生との会話↓~~~~~~~

先生「今の眼鏡、なんでこんな強くしとると?(´・ω・`)」

 

自分「いやぁ、見えやすい方がいいかなと」

 

先生「ちょっと強すぎるよ~( ̄◇ ̄;)、左右とも1.5だからね。合わせたらこれ2.0くらい見えてるよ。普通はもうちょっと弱く作るよ。あんまり強くし過ぎるとね、疲れちゃうよ。もう少し1.0くらいにして弱くした方が、疲れにくいよ。とりあえず今の眼鏡は常にかけるには強すぎて疲れちゃうよ」

 

先生「40歳過ぎると老眼も始まるしね、その為にも眼鏡の度数は弱めにしとく方がいい。まぁ今の眼鏡は取っておいて、コンサートとか遠くを見たいときにだけかける、と言った使い方をした方がいいんじゃない?それにしてもこの眼鏡は強すぎるよ(@_@;)」

 

先生「まぁとりあえず、今より2段階くらい落として、1.0くらいで作ってみましょう。テスト的に眼鏡を作るから5分くらいかけて、遠くや近く、テレビを見たりしてクラクラしたり気持ち悪くなったりしないか確かめてみて」

~~~↑先生との会話↑~~~~~~~

 

とのこと。いや~、これまで自分は眼鏡によってかなり目に負担をかけていたんだなって分かりました。それと同時に、7~8年前に買った眼鏡でその頃と視力が変わっていないんだなっていうことも分かりました。とりあえず、テスト眼鏡でのクラクラテストは問題ありませんでした。っていうことでそのテスト眼鏡の処方箋を作って頂きました。

 

他に余談としては、

・先生の友人で風呂でも眼鏡を掛ける人はいる

・先生は視力0.7だけど、夜運転するときは眼鏡を自主的にかけている

・眼鏡は優位眼(きき目)の方が見えるように作った良い

・70歳くらいから近視が強くなったら白内障の疑いあり

・今の眼鏡は割といい眼鏡だよ

・今回のO眼科はアットホームだった。先生が部屋から出てきて患者さんと話したり、呼び出しも先生がしていた。

・スタッフに若い女性がけっこう多かった

 

って感じですね。色々と知れてよかったです。あとは、若いお姉さんはいいですな(人◕ω◕)♬

まとめ

今回分かったこととしては、、、

 

 ・近視で眼鏡を作るときは強すぎると疲れやすい

 ・度数の目安としては1.0

 ・普段は弱い眼鏡で何かのときだけ強い眼鏡はOK

 

ってな感じです。ということで、今回頂いた眼鏡の処方箋を元に、眼鏡を作りに行きたいと思います。これを読まれていて、近視で眼鏡をかけている方がいらっしゃいましたら、自分の見え具合(度数)を今一度確認され、強すぎれば弱めのものを買う検討をされることをお勧めします。

 

さて、今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。