まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

名人戦プレーオフ棋譜(第76期)羽生竜王vs稲葉八段。羽生竜王が挑戦権獲得。

第76期名人戦は6人によるプレーオフと大混戦。今回はそのプレーオフ決勝戦、羽生竜王vs稲葉八段の棋譜、解析(激指14)を行いました。

<目次>

まえがき

今回の対戦カードは、

羽生善治竜王(左)

f:id:shinya-matsumura0418:20180322140728p:plain

VS

稲葉陽八段(右)

の一戦です。

羽生竜王はプレーオフで豊島八段に勝ち、勢いに乗っていきたい。また、A級順位戦本戦では稲葉八段に負けていますから、ここは巻き返したいところ。

 (先手)稲葉八段vs(後手)羽生竜王棋譜。相掛かり

▲2六歩△8四歩
▲2五歩△8五歩
▲7八金△3二金
▲3八銀△7二銀
▲6八玉△5二玉
▲7六歩△8六歩
▲同 歩△同 飛
▲2四歩△同 歩
▲同 飛△2三歩
▲2六飛△8五飛
▲8七歩△3四歩
▲3六歩△7四歩
▲2四歩△同 歩
▲同 飛△7三桂
▲3七桂△6二金
▲3四飛△3三角
▲4六歩△8一飛
▲3五飛△2四歩
▲4五歩△6四歩
▲4四歩△同 角
▲同 角△同 歩
▲4五歩△3四歩
▲同 飛△3三金
▲4四歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180322141146p:plain

飛車取りに構わず4四歩。この辺りは先手が有利と見られていた。
△3四金
▲4三角△6三玉
▲3四角成△4二歩
▲2三馬△3二角
▲同 馬△同 銀
▲2三歩△3三銀
▲6六角△5四角
▲4五金

f:id:shinya-matsumura0418:20180322141347p:plain

後手の5四角打ちに対するこの4五金打ち。どうやらこれが敗着だったようだ。ここから形勢は後手の羽生竜王に傾き始める。
△6五角
▲5六歩△同 角
▲3九角△2五歩
▲4六金△3八角成
▲同 金△2六歩
▲3五歩△3六歩
▲4五角△5四歩
▲3六角△2七銀
▲同 金△同歩成
▲同 角△2六金
▲1六角△同 金
▲同 歩△4九飛
▲4八銀△6五桂
▲4七金打△8四角
▲6六歩△同 角
▲5六金寄△9九角成
▲5八玉△3九飛成
▲同 銀△5五香
▲4八銀△3六歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180322141433p:plain

まで、98手で羽生善治竜王の勝ち

激指14の六段での棋譜解析結果

f:id:shinya-matsumura0418:20180322141533p:plain

解析結果では、先手の稲葉八段が飛車-金交換を構わず4四歩と突いた47手目、この辺りまでは先手が有利と見られていました。

f:id:shinya-matsumura0418:20180322141804p:plain

しかし61手目4五金。これがどうやら敗着だったようで、この辺りから後手の羽生竜王に形勢が傾き始めます。結局は相手の一瞬のミスを見逃さず、徐々にリードを奪った羽生竜王の勝利です。これで羽生竜王は今期の名人戦挑戦権を獲得しました。もし名人を奪取できればタイトル獲得数が通算100期となります。注目ですね。

過去記事ご紹介。

過去には以下の記事も書いていますのでよろしければご覧ください。 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。