まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

NHK杯将棋女流棋士決定予選1回戦(第68回)棋譜[伊藤女流二段vs上田女流三段]

NHK杯将棋(第68回)女流棋士決定戦が本日ありました。今回はその1回戦、伊藤女流二段vs上田女流三段の棋譜、解析(激指14)を行いました。

<目次>

まえがき

今回の対戦カードは、

伊藤女流二段

f:id:shinya-matsumura0418:20180325133418p:plain

VS

上田女流三段

f:id:shinya-matsumura0418:20180325133436p:plain

の一戦です。

解説の阿久津主税八段によると、伊藤女流二段は受け将棋、上田女流三段は攻め将棋とのことでした。さぁどんな将棋になるか。

 (先手)伊藤女流二段vs(後手)上田女流三段棋譜。相振り飛車。

▲7六歩△3四歩
▲9六歩△9四歩
▲6六歩△3三角
▲7八銀△2二飛
▲6七銀△4二銀
▲7七角△2四歩
▲4八銀△6二玉
▲3六歩△7二銀
▲3七銀△7一玉
▲8八飛

f:id:shinya-matsumura0418:20180325133811p:plain

伊藤女流二段は相手が居飛車なら自分も居飛車、相手が振り飛車なら自分も振り飛車とするのを得意としているそうです。ということで今回は相振り飛車になりました。
△5四歩
▲3八金△5三銀
▲4八玉△5二金左
▲8六歩△4四銀
▲3九玉△2五歩
▲2八玉△2四角
▲5八金△3五歩
▲同 歩△3二飛
▲6五歩△5五歩
▲8五歩△3五飛
▲3六歩△3四飛
▲4六歩△3五歩
▲4七金左△3六歩
▲同 銀△3三桂
▲3七金寄△3五歩
▲4七銀△5三銀
▲3二歩△4四歩
▲3一歩成△4五歩
▲3二と

f:id:shinya-matsumura0418:20180325133831p:plain

先手がと金を作ったところ。この辺りから形勢が先手に傾き始めます。後手は攻めが難しいか?と金を作られる前に何かしたかったところかもしれない。
△4六歩
▲同 金△5四銀
▲3三と△同 角
▲3六歩△同 歩
▲同 金△4四飛
▲4六歩△6五銀
▲5五角△3二歩
▲6六歩△5四歩
▲4四角△同 角
▲8四歩△同 歩
▲4一飛△3三角
▲8四飛△8三歩
▲8五飛△6六銀
▲5八銀左△2六歩
▲2五飛△2七歩成
▲同 飛△2四歩
▲3四歩△4二角
▲4四桂△5一金引
▲1一飛成△8八角
▲5二香△6二金左
▲4一龍△6四角
▲5一香成△8二玉
▲5二桂成△5一金
▲同 龍△5二金
▲同 龍△4五歩
▲6二金△4六歩
▲7二金△9三玉
▲8五歩△4七歩成
▲1八玉△3八と
▲8二銀

f:id:shinya-matsumura0418:20180325133853p:plain

まで、113手で伊藤女流二段の勝ち

最後は8五歩で逃げ道を封鎖している先手が勝利を収めました。これで伊藤女流二段は二回戦に駒を進めることになりました。

激指14の六段での棋譜解析結果

f:id:shinya-matsumura0418:20180325134245p:plain

先手がと金を作ったあたりから徐々に有利を拡大しています。それにしても伊藤女流二段は辛口の手が多い印象でした。最後の方はもう差が開ききっていて、いつ投了されてもおかしくない状態でした。

過去記事ご紹介。

過去には以下の記事も書いていますのでよろしければご覧ください。 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。