まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

羽生竜王vs谷川九段166局目棋譜。王位戦挑戦者リーグ(59期)。

王位戦挑戦者決定リーグ戦(第59期)、羽生竜王vs谷川九段が昨日行われました。早速、棋譜確認、解析(激指14)を行いました。

<目次>

まえがき

今回の対戦カードは、

羽生善治竜王

f:id:shinya-matsumura0418:20180328135531p:plain

VS

谷川浩司九段

f:id:shinya-matsumura0418:20180328135608p:plain

の一戦です。

お二人は若いころからのライバル同士で、何と166局目の対局です。現役最多!すごいですね。今回はどちらが勝つのか?

 (先手)羽生竜王vs(後手)谷川九段棋譜。角換わり。

▲2六歩△8四歩
▲7六歩△3二金
▲7八金△8五歩
▲7七角△3四歩
▲6八銀△7七角成
▲同 銀△2二銀
▲3八銀△7二銀
▲4六歩△6四歩
▲4七銀△6三銀
▲6八玉△4二玉
▲3六歩△7四歩
▲9六歩△1四歩
▲1六歩△9四歩
▲3七桂△3三銀
▲2九飛△5二金
▲4八金△5四銀
▲5六銀△3一玉
▲2五歩△7三桂
▲3五歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180328140638p:plain

先手が仕掛けていったところ。この形から歩を突いていくものなのか?素人にはよく分かりません(笑)
△4四歩
▲3四歩△同 銀
▲3六歩△3五歩
▲4七銀△3六歩
▲同 銀△5五銀
▲2四歩△同 歩
▲同 飛△4三金右
▲2二歩△同 金
▲3四飛

f:id:shinya-matsumura0418:20180328140657p:plain

後手の4三金上がりに対して、先手は2二歩から飛車-銀交換の駒損を選択。羽生竜王はこれで指せると見ていたようですね。いきなりでビックリしました。確かに後手玉は壁金になっているし、もう一枚の金も離れて玉はかなり危なくなる。
△同 金
▲7一角△4二飛
▲5三角成△5二歩
▲5四馬△2九飛
▲5九銀△1九飛成
▲5五馬△5三香
▲6四馬△3八歩
▲5一銀△3九歩成
▲4二銀成△同 玉
▲4五桂△4九と
▲5三桂成△同 歩
▲7二飛△5二銀
▲5三馬△同 玉
▲5六香△5四歩
▲同 香△6四玉
▲6二飛成

f:id:shinya-matsumura0418:20180328140723p:plain
まで、83手で羽生善治竜王の勝ち

 

最後は先手の羽生竜王が馬を切って一気に寄せきりました。お見事!

さて、棋譜はYoutubeにもアップしたので、確認される場合は下記をご覧ください。

激指14の六段での棋譜解析結果

f:id:shinya-matsumura0418:20180328141251p:plain

先手の羽生竜王が飛車を切って角を打ち込み、そこから数手進んだ63手目5五馬の辺り辺りから形勢が羽生竜王に傾き始めていたようです。後手の谷川九段も3八に歩を垂らして攻めていきましたが、光速の寄せにはなりませんでした。羽生竜王がこのまま王位戦の挑戦者にでもなったら、これまた大注目になりますね。

 

過去記事ご紹介。

過去には以下の記事も書いていますのでよろしければご覧ください。 
 

 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。