まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

藤井六段の連勝ストップ。vs井上九段戦棋譜。王将戦一次予選(68期)。

藤井六段の連勝が16でストップしました。止めたのは井上九段。井上門下は稲葉八段、菅井王位と共に対藤井戦で強いですね。何か秘策があるのか?それとも単純に実力が上だった?まぁこの間プロになったばかりの中学生棋士に対して、藤井キラーだなんて思わせるところが、藤井六段の凄いところですよね。

<目次>

まえがき

今回の対戦カードは、

井上九段

f:id:shinya-matsumura0418:20180331150449p:plain

VS

藤井聡太六段

ãè¤äºå­æ®µãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

の一戦です。

 (先手)井上九段vs(後手)藤井六段棋譜。矢倉模様。

▲7六歩△8四歩
▲6八銀△3四歩
▲7七銀△6二銀
▲2六歩△4二銀
▲2五歩△3三銀
▲4八銀△3二金
▲5六歩△5四歩
▲5八金右△4一玉
▲6六歩△7四歩
▲6七金△7三桂
▲7八金△5二金
▲6九玉△6四歩
▲3六歩△8五歩
▲7九角△6三銀
▲3七銀△4四銀
▲4六銀△6五歩
▲3五歩△6六歩
▲同 銀△8六歩
▲同 歩△3五歩
▲同 銀△同 銀
▲同 角△8六飛
▲8七歩△8五飛

f:id:shinya-matsumura0418:20180331151538p:plain

てっきり7一角成となるのかと思いきや、ここで4六角と引くんですねぇ。成ったところで次の狙いがないということでしょうか?激指六段の読み筋も同じでした。私なんかだと喜んで7一角成ってやっちゃいそうです(笑)
▲4六角△6四歩
▲7七桂△8一飛
▲2四歩△同 歩
▲同 飛△2三歩
▲2八飛△4五銀
▲3五角△3四銀
▲2六角△3五歩
▲5七銀△6五桂
▲6八銀△7七桂成
▲同 銀△6五歩
▲4六桂△4五銀
▲3五角△3四歩
▲2六角△6六桂
▲6八金寄△8七飛成
▲8八歩△8二龍
▲3七桂△4六銀
▲同 歩△4四角
▲3三歩△同 桂
▲3五歩△5一玉
▲7九玉△3五角
▲同 角△同 歩
▲2一銀△2二金
▲6四歩△3六歩
▲6三歩成△同 金
▲4五桂△3七歩成
▲3三桂成△同 金
▲2五飛△5五桂
▲同 歩△3四角
▲4五飛△4四歩
▲2六桂△4五角
▲同 歩△4七と
▲8九玉△5九飛
▲7九桂△5八と
▲9五角

f:id:shinya-matsumura0418:20180331151730p:plain

どうやらここが勝負の分かれ目だったようです。ここで4一玉ではなく、7三桂馬と受けていれば後手有利または互角の形勢だったかもしれませんね。
△4一玉
▲3四桂△5二玉
▲1五角△6八と
▲同 金△1九飛成
▲3三角成△8四香
▲8五銀△同 香
▲5一角成△5三玉
▲4二馬上△同 龍
▲同 馬△6二玉
▲5二飛△7三玉
▲8四銀△同 玉
▲8二飛成△8三歩
▲7五金△同 歩
▲同 馬

f:id:shinya-matsumura0418:20180331151930p:plain
まで、137手で井上慶太九段の勝ち

 

最後は井上九段が一気に寄せきりました。お見事!

さて、棋譜はYoutubeにもアップしたので、確認される場合は下記をご覧ください。

 

激指14の六段での棋譜解析結果

f:id:shinya-matsumura0418:20180331151131p:plain

解析結果を見ると、後手・井上九段の112手目:9五角に対する先手・藤井六段の4一玉が敗着だったようですね。ここで形勢が井上九段に傾いています。この解析結果が必ずしも正しいとは限りませんが、一手のミスが命取りになるから恐ろしい。

 

藤井六段も人間だから完璧ではありません。間違えることはやっぱりありますね。そこを逃さずに勝ち切った井上九段も素晴らしいですね。54歳とは思えません!

過去記事ご紹介。

過去には以下の記事も書いていますのでよろしければご覧ください。 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。