まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

NHK杯将棋1回戦第1局棋譜(第68回)。黒沢五段vs三枚堂六段。

NHK杯将棋1回戦第1局(第68回)が本日ありました。早速、激指14で棋譜ならべ&解析を行いました。

<目次>

まえがき

今回の対戦カードは、

黒沢怜生五段

f:id:shinya-matsumura0418:20180401134402p:plain

VS

三枚堂達也六段

f:id:shinya-matsumura0418:20180401134500p:plain

の一戦でした。

黒沢五段は振り飛車党で受け将棋、中終盤にかけて尻上がりに伸びてくるタイプ。NHK杯の記録係を長くやっていて有名。三枚堂六段は居飛車党の攻め将棋。攻めの貴公子、または桂馬をよく使うので桂馬の貴公子なんて呼び名もあるそうです。

 (先手)黒沢五段vs(後手)三枚堂六段 棋譜。居飛車vs振り飛車(中飛車)

▲7六歩△8四歩
▲5六歩△6二銀
▲5八飛△4二玉
▲4八玉△5二金右
▲3八玉△1四歩
▲2八玉△3二銀
▲6八銀△3一玉
▲1八香△8五歩
▲7七角△7四歩
▲1九玉△7三桂
▲6六歩△6四歩
▲2八銀△1三角
▲6七銀△6五歩
▲3九金△8六歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135606p:plain

こっちの歩も、もう突き捨てるのかよ!?
▲同 歩△2二玉
▲3六歩△6三銀
▲1六歩△5四銀
▲2六歩△3一玉
▲5五歩△4五銀
▲1五歩△同 歩
▲1四歩△2二角
▲1五香△6六歩
▲同 銀△6二飛
▲2七銀△6四飛

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135643p:plain

6筋に飛車を回ったから、てっきりそのまま6筋方面狙ってるのかなと思いきや、そこで浮いて1筋も狙ってんのかよ!やっぱりプロは盤面を広く見てますなぁ。
▲3七桂△1六歩
▲2八玉△1四香
▲同 香△同 飛
▲1九香△5六香

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135707p:plain

この5六香車あたりから後手が有利になったと見られてます(激指14の六段による解析)
▲8八飛△6五歩
▲4五桂△6六歩
▲同 角△6四飛
▲6七歩△3四歩
▲1六香△6六飛
▲同 歩△5五角
▲1八玉△6八歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135807p:plain

手筋の歩打ちですね~。飛車で取らないと6四角で飛車-金の両取り。
▲同 飛△5七香成
▲5六歩△1七歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135825p:plain

この手が痛い。取られそうになっている角が働いているうちに歩を利かせるんですねぇ。これで飛車を取ってからの1九飛車があります。いや~それにしてもすごい攻めです。
▲同 玉△6八成香
▲5五歩△1九飛
▲2八玉△1七角
▲1九玉△3九角成
▲2九飛△3七銀
▲1八飛△2九馬
▲同 玉△4九飛
▲3九銀△6九飛成
▲1二香成△1九金

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135835p:plain
まで、92手で三枚堂達也六段の勝ち

最後はキレイに即詰みでしたね。飛車でとったら△2八金で詰み。玉でとっても△3九竜⇒▲2九金⇒△2八銀⇒▲同飛車⇒△同銀成りまで。

激指14の六段での棋譜解析結果

f:id:shinya-matsumura0418:20180401135944p:plain

56手目5六香車あたりから徐々に後手の三枚堂六段が有利になった模様。解説の戸辺七段によると、その数手前あたりから、三枚堂六段が少しペースを握っているのでは?という話でした。しかし三枚堂六段は攻めだしたら止まりませんね~。バシバシ行くね~!って感じでした。面白かったです。

過去記事ご紹介。

過去には以下の記事も書いていますのでよろしければご覧ください。 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。