まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

人生、自分の思い通りになる事は少ない、でも…。今日の一言。

自分の思い通りになることなんて少ない

自分の親が、子供が、妻が、自分の思った通りに動いてくれるか?まぁ家族だからそういうこともあるでしょう。

でも、もっとこうして欲しいなぁ、、。ありませんか?特に小さなお子さんがいる方なんかはどうですか?


自分の家族でさえそう思うのに、他人なんか自分の思い通りになることなんてまずない。こんな反応を、言動を期待してたのに、、、

仕事もそうだ。
自分の思った通りに仕事が進んだ事があるか?答えは「たまにはあった」だ。つまり思い通りに行くことの方が稀なのだ。

もっと上司がこうだったらいいのに、部下が、お客さんが、業者さんが、、、ついつい期待してしまう。

でも、なかなか何事も期待通りにはならない。

そう、自分の心は自分にしか分からないのだ。あなたは相手の心が分かりますか?分かりませんよね?

だから、「そもそも期待するな」って話。最近よくそう思う。つまり、冒頭の「人生は思い通りになることの方が少ない」ということ。


でも、それを少しでも緩和して楽に生きる方法はあると思う。

そもそも人や会社、物事に期待をしない

それが「人や会社、物事に期待をしない」ってこと。期待するから現実とのギャップに失望する。だったら、期待しなければいい。


あ〜、この人はこういう人なんだ。だったら、自分がこういう接し方をしようかな。


この会社はいつも同じように工程がギリギリだな。でも何だかんだ終わらせてるな。だったら、自分もそんなにジタバタしなくてもいいか。だって自分が急に休職したって何だかんだ仕事回ってるし、自分は小さな歯車の1つ。一人で責任を背負い込むことないさ。


自分なりに一生懸命に資料を作ったぞ。でも相手がどんな反応をするかは相手次第。例え相手のことを考えて作った資料だとしてもいい反応が得られるとは限らない。

1歩ずつでも自分が前に進んでればいいんじゃない?時には下がってもいいし。

他人に認められたり、思い通りの反応や言動をして欲しい。でもそれは無理。だったら、自分なりに少しずつでも前に進んでればいいと思う。時には下がることもあるかもしれない。


でも、いいんじゃないか?他人の人生じゃないし。他ならぬ自分の人生。


他人を変えたかったら自分が少しでも変わればいい。他人から何かを言ってほしい、やって欲しいって待つくらいなら、「自分から素直にこうして欲しい」って伝えてみる。案外あっさりOKってなるかもしれないし、ならないかもしれない。


要は少しずつでも「自分を変えていく、成長させていければ」いいんじゃないかなって思う。植物の成長のように、ゆっくりでいいから、、、、