まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

76期名人戦第1局棋譜&解析。羽生竜王vs佐藤名人。

いやぁ、凄まじい戦いでした。序盤早々、激戦でいきなり終盤戦に突入。1日目で終わっちゃうんじゃないか?って程でしたが、そこはトッププロ同士。そこからのねじり合いが凄かった。また個人的感想としては屋敷九段の解説がおもしろかった。

また、羽生竜王は今回勝利されて節目の1400勝を達成されました。本当に偉大!おめでとうございます!

以下は棋譜、解析、棋譜動画です。

棋譜

▲2六歩△3四歩
▲7六歩△8四歩
▲2五歩△8五歩
▲7八金△3二金
▲2四歩△同 歩
▲同 飛△8六歩
▲同 歩△同 飛
▲3四飛△3三角
▲5八玉△6二玉
▲3六飛△8四飛
▲2六飛△8八角成
▲同 銀△4四角
▲2一飛成

f:id:shinya-matsumura0418:20180414121204p:plain

後手の4四角に対して2四飛車もあったところだが、羽生竜王は一番強い手、2一飛車成り。この辺りの決断力は凄い。色々な指し手が考えられるなか、一手を選び、決断する。間違いもあるかもしれないが、全てが自己責任だ。
△8八角成
▲9五角△8九馬
▲8四角△7八馬
▲8二歩△8三歩
▲8一歩成△8四歩
▲7一と△同 金
▲4八玉△3八歩
▲同 銀△1二角
▲2六龍△6七角成
▲6四歩△2七歩
▲同 銀△6五桂
▲3八玉△4九馬
▲同 玉△6七馬
▲5八桂△5七桂成
▲6三歩成△同 玉
▲7五桂△6二玉
▲6三歩△5一玉
▲2四角△3三歩
▲5七角△同 馬
▲4八銀△5九金
▲同 玉△6八金
▲4九玉△5八金
▲3九玉△4八金
▲2八玉△6一銀
▲6二歩成△同 金
▲6三歩△7二金
▲8一飛△7一桂
▲6二歩成△同 玉
▲6四桂△6三歩
▲7二桂成△同 銀
▲8二飛成△8一銀打
▲5一金△同 玉
▲7一龍△6一桂
▲1八玉△6二角
▲5二歩

f:id:shinya-matsumura0418:20180414121235p:plain

この5二歩で後手は参った。同玉に8一竜と銀を取られたときに、竜を取り返すと6四桂から後手は即詰みになってしまう。この竜を取れないようでは後手が厳しい。先手玉は1八まで逃げ込んで安泰。
△同 玉
▲8一龍△7五馬
▲7二龍

f:id:shinya-matsumura0418:20180414121301p:plain

まで、97手で羽生善治竜王の勝ち

凄まじい戦いでした。

激指14の「七段+」での解析結果

f:id:shinya-matsumura0418:20180414121959p:plain

棋譜動画