まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

仕事をしてるふりをするのも会社で身を守る手段。

リワークでマルチタスクというグループ作業を4人で行った。

その中で、出来ないかもしれないけど、とりあえず「やってる振り」をするのも大事なんだなと改めて認識。

これって産業医に以前言われたんだよな。「仕事してるふりをすればいいのよ!」って。

妻からも「あなたは世渡りベタ」って言われる始末、、、

やっぱり上の人間って、

・やり終えて余裕のありそうに見える人間(実際は疲れてる)

よりも、

・終わらなそうだけど、やってる人間(実際はあまりやってないかも)

を評価する傾向にあるんだなと分かった。

どうせ中途半端におわるのが目に見えてるのにやってどうする?休憩もしてねぇし、と自分は考えるから、やらない。でも他の人は何か一生懸命やってた。

で、結局全部は書けてない。だったら残り時間、疲れを取るために5分程度休憩しても全く問題ないように思える。

しかしところがどっこい!!

日本の評価システムはそうならない。終わらなくても、やってる振りでも、ほんのちょっとでも書いたり、そんな人が評価される。(ちなみに自分は白紙で提出)

バカバカしいように思えるが、そんなもんなんだなって思い知らされた。これが現実なんだな、、、って。だって、リワークの上司役に「何で何も書かなかったの?」って聞かれるくらいだからね、、、。

いや、「見てて分かるだろ!オレの作業量、けっこう多かったぞ」と。でも途中、上司役いなかったか、、、。

そうかぁ、、、。


おかしいのは自分の方なんだと、、、。さて、どうしたものか。


【仕事をしてるふり】をして【世渡り上手】になる。

これが自分にとっての次なる課題かなぁ。性格的に厳しいかも(笑)

今日はそれが分かっただけでもいいか。

どうすりゃいいか分かんねーけど。