まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

包茎問題。日本では剥けてないことをバカにする人が一部いるよね。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180524-00000023-sasahi-hlth
ヤフーでこんなニュースを見た。以下、上記サイトより。

                                                  • -

包茎には仮性包茎、真性包茎、嵌頓(かんとん)包茎の3種類がある。包皮をペニスの根元に寄せると内皮が反転し亀頭が現れる状態が仮性包茎で、見た目を気にしなければ機能上は問題ない。欧米では仮性包茎は包茎と見なされないことが多い。

 真性包茎は内板が亀頭に癒着していたり、陰茎に対して包皮口が狭く、包皮を反転できない状態をいう。亀頭と包皮の間に炎症が生じると膿がたまったり、尿道が閉塞して排尿に障害を起こしたりすることもある。嵌頓(かんとん)包茎とは、包皮を反転させて亀頭を露出させた後戻らなくなり、包皮によって陰茎が締め付けられた状態をいう。激しい痛みを伴ったり、ペニスが鬱血して赤紫に腫れ上がったりすることもあり、緊急の処置が必要だ。包皮が元に戻らない場合は、手術が必要になる。

「うちの子、包茎かも」と気になってもなかなか人に尋ねにくい。東京女子医科大学病院泌尿器科の迫田晃子医師は「何もしないこと」と、明言する。

                                                                • -

欧米では仮性包茎は包茎とみなされないって意外。つーか機能的に問題ないならそのままでいいよな、確かに。どうしても、支障がある人だけ病院へ相談に行けばいいけど、この辺りの話って難しいよね〜、親とするのも恥ずかしいしね。

高校生とかでも剥けてない人をバカにしたり、大人になってもする人はするからね。そーゆーのホント、人の気持ちが分からなくてカッコ悪いと思う。でも、そーゆー人は絶対居なくならないけど。

手術とかする前にぜひ考えて欲しいのは、そーゆーバカにしたりするような人は一部であって、ほとんどの人は気にしてないってこと。そんなしょうもない人たちの為にする手術なら、ちょっと立ち止まって考えたほうがいいかもしれませんね。

まずは子供のときは様子を見よう。