まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

リハビリ出勤四周目。少し慣れてきた。仕事を遠目で見てる感想。

今週から15時までの勤務となって、昼飯を挟む出勤となっている。体がようやく慣れてきた。それにしても暑いな〜。リハビリ出勤の間は事務所にしてもらえんかいな?(笑)

まぁいずれ現場にも出るだろうからそこは仕方ないか。サラリーマンだし、会社の方針に従うまで。

ところで、今、主任と行動を共にしてるんだけど、この主任の下で働くのは確か初めてじゃないかな。入社依頼12年経つけど。

その主任も今は余裕がないように見える。3連休もハナから出勤と決めつけて仕事をしている。自分は今やっている設備は何回か経験があるので、ヤバさ加減が少しは分かるつもり。

その経験から考えると、今回は2連休してもいいんじゃないかと思う。何しろ、【初号機ではない】ということが大きいのでは?と思う。

ハッキリ言ってメカ的にも電気的にも「成り立つかわからん!!」という言いようのない不安感はないのではと思う。でも、主任の気持ちも分かる。設備は大きく複雑になるほど【工程通りに行かないものだ】と自分は思っている。だから、「何が起きるか分からないから」という観点からすると、少しでも進めておきたい気持ちも分かる。

しかしこのまま皆、ずっと週休1日、毎日残業するんかな〜。ストレス溜まるやろな〜。まぁ自分には影響はないんだけども。リーダーとしてのプレッシャーがあるから難しいところだな。係長や課長に相談して、「主任も休む、外注さんも休む」、交代でもいいからそうしたほうがいいと私は思う。

やっぱり仕事をするためには【体が資本】!休んで体力回復やストレス解消、これによっていい仕事ができるんじゃないかと思う。せめて月に1回は連休しないと。


私の経験からすると、1日くらい誰か居なくたって仕事は進む。むしろ、主任が今、急にいなくなっても「誰かが代わりにやる」。会社ってそーゆーもん。それが組織のいいところだもんね。今は一人に負荷が集中してて、それが活かされていない気がする。ちなみに私がいきなり休職したところで会社は回っていたという事実もある。人一人に出来ることなんてたかが知れてるからね〜。

まぁ皆さんの体調が崩れないことを祈ります。体調が悪いときは遠慮なく休んでいいと思う。