まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

「進撃の巨人」感想。劇場版(紅蓮の弓矢,自由の翼,覚醒の咆哮。ネタバレ少なめ!

今回は最近見たアニメ映画「進撃の巨人」の感想をまとめてみました。
劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~通常版 [DVD]
いや~、とりあえず1話目、本当にびっくりしました。身震いっていうか、鳥肌が立ちました。そこから2話目、3話目と見ていったんですが、2話目は少し慣れて、1話目ほどの身震いなどはなかったですが、それでも面白かったです。3話目はまた急展開もあって、またまたびっくりしちゃいましたww。ま、とりあえず感想をまとめてみたので書いてみます。

巨人との戦いがド迫力で身震い!

いきなり現れる超大型巨人!とりあえず劇場版~紅蓮の弓矢~を見よう!

巨人との戦いがド迫力って書きましたが、実はこれまで100年間、巨人と人間の戦いは無かったんです。っていうのも、人間が住む地域には50mの壁があり、そこに人間たちは住んでいるんです。で、その壁の外には巨人たちがわんさか居て、人間を食いたいと思っているわけです。でもさすがに50mの壁を破壊する力は巨人にもない(大きくても15m級)。

ですが、、、突如現れたのが【超大型巨人】。50mの壁の上から顔を覗き込める程の大きさがあります。コイツが壁を破壊したところから全てが始まります。
f:id:shinya-matsumura0418:20180806142709j:plain
上のコイツは通常の巨人。怖すぎる、、、。

そして5年後…巨人同士の戦いがとにかくド迫力!

5年前の超大型巨人(+鎧の巨人もいた)の襲来によって母親を無くした主人公の「エレン」。コイツは「巨人を全て駆逐してやる!」との意気込みで兵士を目指します。そして3年間の厳しい訓練を受けて晴れて兵士になり、「よしやるぞ!」ってときにとんでも無いことが起こります。ここからが巨人との本当の戦いといってもいいと思います。

で、色々あって5年後にまた巨人の襲撃を受けます。ここで突如、巨人vs巨人のバトルが展開されます。この時の巨人の咆哮!パンチ!噛み付き!とにかくド迫力でビックリ。
劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~ [DVD]

巨人との戦いだけでなく様々なドラマあり!

このアニメ、何も巨人と戦ってばっかりって訳でもないんです。そこがまた面白い。様々な人間ドラマがあったりします。そこがまた泣けたりもするんだよな~。作戦会議なんかも見ててけっこう面白い。

リヴァイ兵長がカッコイイ!

これは完全に個人的なファンって感じなんですが、2話目~自由の翼~から「リヴァイ兵長」って人が出てきます。この人がクールで強くてカッコイイ!2話目で出てくる謎の女巨人との戦いが見ものです。
f:id:shinya-matsumura0418:20180806141659j:plain

立体機動装置で巨人へ立ち向かう!

巨人って言っても大きさは様々で、5mの奴もいれば、大きいやつでは15mの奴もいます。50mの超大型巨人は特殊ですが、、、。で、そんな奴らに生身の人間が立ち向かえるはずもありません…。

しかし!さすがは人類、文明の利で【立体機動装置】というものを開発しました。
f:id:shinya-matsumura0418:20180806141835p:plain
上記が立体機動装置を装備した状態。一言で言えば、「飛び回るための道具」って感じ。って言っても、空を飛べる訳ではありません。ワイヤー飛ばして楔(くさび)を打ち込んで、それにぶら下がったり引っ張ったりして飛び回ります。当然、楔を打ち込むための建造物や林が必要です。ただ、直接対決するときには巨人自体に楔を打ち込んで急所を狙う、という戦法もあります。

しかし一旦引いたりすることができないので人間が不利となります。また、地上の移動手段としては馬が使われます。

3つの兵団~調査兵団がカッコイイけど死と隣り合わせ…

物語の中で、人間の世界を守る軍隊があるんですが、これが3つの部隊に分かれている。1つ目が憲兵団、2つ目が駐屯兵団、3つ目が調査兵団。主人公のエレンは3番目の調査兵団に入団します。調査兵団の制服の背中には翼のマークが施されているのがポイントです。

さて、これら3つの兵団の特徴を簡単に言うと、憲兵団は本部を守る兵団。駐屯兵団は壁周りや街中を守る兵団、調査兵団は【壁】の外に出て調査を行う、いわゆる壁外調査の集団。壁外調査のため、巨人に出くわす確率100%で、出陣のたびに30%の団員が命を落とします。

しかし、最前線で戦うため、戦闘能力は調査兵団が一番だと言えます。それでも毎回3割が命を落とすのですから、いかに外が危険であるかを物語っていますね、、、。

そんな中、「リバイ兵長」っていう人物がいるんですが、この人が強い!とにかくスピード感があり、巨人を全く寄せ付けずに倒してしまいます。しかもいつも冷静でクール。個人的にはこのリバイ兵長が大好きですね~。
劇場版「進撃の巨人」Season2-覚醒の咆哮-[通常版DVD]

謎が多く、先が予測できない!

「進撃の巨人」、このアニメ、とにかく謎が多いんですよね~。たくさんある謎の中でも、自分が気になっているものを3つ紹介して終わりにしたいと思います。

50mの壁はどうやって作った?

100年間、巨人に壁を破られることはなく、人類は平和に暮らしていた。じゃあその100年前、どうやって壁が作られたの?!これ、素朴な疑問でした。そんな疑問も2作目の「~自由の翼~」から徐々に明らかになろうとします。

巨人はどこから出現した?

そもそも巨人ってどうやって出現したんだ?これも素朴な疑問。実は少しネタバレになっちゃうんですが、3作目の「~覚醒の咆哮~」で猿みたいな大巨人が出てくるんですね。コイツが何かを握ってそう。
f:id:shinya-matsumura0418:20180806141936j:plain

本部は何を知っている?!

人類の総本部、つまり壁の一番内側(真ん中ですね)に貴族などの住む本部がある。ここに居た司祭の一人が何かを知ってて、調査兵団に捕まります。しかしその司祭は「何も言えない」というばかり。でも確実に「何か」を知っています。これは人類側も何かを知っているということになるのでは?と思っています。

最後に

さて、今回は「進撃の巨人」劇場版~紅蓮の弓矢~、~自由の翼~、~覚醒の咆哮~を見た感想を書いてみました。これを読んだ方が「見てみようかな?!」って思ってもらえれば幸いです。その為に、敢えてハッキリと書かずにボカして書いてみたりもしてます。

で、今はシーズン3を見てるんですが、個人的に気になっているのはオープニング曲!なんと私の大好きな「HYDE」が歌っているじゃないですか。「何か似てるな~」って思ってたんですよね。HYDEファンの皆さん、オープニング曲、注目ですよ~。と言うわけで今回の記事は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました(^0^)