まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

体調不良で会社を休んだ。自分で決めることと周りへの感謝を忘れずに、、

先週から風邪で体調を崩し気味。8割方、子供のをもらったのだと思う。

で、一昨日、心療内科でついでに診察してもらった。おそらく風邪でしょうと言われた。

実は月曜日から「あ〜、体調が悪化してるな〜」って言う感じがあった。頭痛や咳、痰などがひどくなってきたからだ。

そして昨日、「このくらいで休んでいいのかな〜」とか思いながら、でもリワークで勉強したのは【体調の悪いときは休む勇気も必要】ってことだったので休んだ。

そして今度は今日。昨日も今日も、会社に行ける時間には起きて準備はしていたが、やっぱり体調が悪い。このくらいなら、以前(1年前くらい)なら当然のごとく出社していた。

でも、今はここで考えるようになった。

・休んで治したほうが後々いいのでは?
・行くことで人に移して迷惑では?
・自分が逆の立場なら「休めばいいのに」と言うなぁ

そんなことを思いつつ、結局は「休ませてください」と上司へ連絡。上司からも「お大事に」と言ってもらえて感謝です。

仕事も今は復帰したばかりで、ほとんどないから、休んでも全く影響がないし、年休もまだ40日近くある。それを考慮してもやっぱり休む方がいいなと『自分で』判断した。

結局最後の結論は、『自分が』どうするかだと思った。今回と別のパターンのときもあると思う。そんなとき、

キツイのに行くのか?

仕事が詰まってても行くのか?

そこはやっぱり自分で決めることになるかと思う。後は、そんなとき、周りの人に助けてもらってることを忘れてはならないと思う。自分が休むことで大なり小なり負荷のかかる人がいることを、、、

そういった方々に感謝しよう。家族や仕事仲間、色々と、、、、