まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

相手に有無を言わさず勢いや力で押してくる人に飲み込まれない方法

うちの上司にこういう人がいる。

「もう仕事できるか?!」
→何の?


「あの機器が高え!調達に高えって言えるか?!」
→自分で言ってください。私は前後のいきさつも分からないし、お客さんにも承認とってるし、もう買うしかないじゃん。


「図面チェックと承認図提出準備してくれ!」
→図面2枚しかねぇけど、どうすんの?


「この仕事、現地1人で2日で出来るよな!」
→私はできないと思います。確認とかの時間あるの?できるなら自分でやってください。結局見積もりは2人で3日とした。


「このプログラム、ポンポンポンで行けるよな」
→できるか!!一応、簡単に言わないで下さいと文句言いました。自分の今できる最善を尽くした結果です。


まぁとにかく勢いで来ます。


こういう上司(上司に関わらず)には、とにかく【間を置くこと】が重要だと思います。つまり、即断、即決をしないこと。とにかく、まずは安請け合いを避ける。


具体的には、

「ちょっと考えさせて下さい」

「5分、時間ください」

「明日まで待ってもらえませんか」


というような感じで【冷静に考えられる時間を作る】。これが重要だと思う。そうして冷静に考えてみると、、、、


そういう人は、言ってることの論理が破綻してることが多い!


ってことが分かる。


え、何?結局、中身何もないじゃん、、、。


いや〜、こんな引き継ぎ内容で仕事を受けたら責任持ってできない。


そんなことが分かってくる。そういう事が分かった上で、相手に対して回答する。受けられるなら受ける、無理なら断る、疑問点を解消できれば受けれるなら質問を投げかける、等と言った対応ができる。


ただ、ここでちょっと注意しておきたいのは、断り方。嘘でも「本当は受けたいけど、こんな理由で受けられない」みたいな感じで断るのがいいと思う。


または、こうすれば受けられる、と言った【歩み寄り】の姿勢を見せるのも大事だと思う。
例えば、「人を増やしてもらう」、「期間を伸ばしてもらう」、「仕事の範囲を絞ってもらう」などだ。


とまぁ、こんな感じでこの先、上手く働いていければと思っている。これを読まれている方の参考にもなるのであれば幸いです。
それでは最後までご覧頂きありがとうございました!