まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

大型設備の一部コピーの小型設備を設計するのにもそれなりに時間がかかる!

基本的に前回設備のコピーだよ、という落とし穴にはまるな!

今回、2つの設備を違うやり方で経験して分かったことがある。それは、、、


 基本的にどれどれのコピーだよっ!!


って言われても、


 意外に時間がかかるよ!


ってこと。
基本的にコピーと言っても、以下のような作業がある。


・今回の仕様書の確認(客先、社内)
・現状の図面把握
・いらない部分チェック、削除
・I/O見直し
・線番変更
・電気容量など見直し
・PLC容量見直し
・図番の修正
・外形図の機器配置見直し、部品見直し
・新商品使われていたりする場合の調査
・他設備を参考にする場合の調査


とまぁ、ざっとこんな感じ。
もろもろ考えると、


 そんなに簡単に終わるものではない!


ということが分かった。

これらは自分が以下の2件を担当したから改めて分かったことだ。 以下に簡単に説明する。

1.設備A

 
2号機のコピーで一部分のところだけ持ってくる。 話だけ聞くと簡単そうに聞こえるが、実際設計すると、 余裕見て10日かかると感じた(ハード、外形) 。

これは外注業者さんに振ったが、


 「自分なら3日で終わる」


と思ったが、考えを改めないといけないと感じた。 もちろん10日かからないで早く終わればそれに越したことはない。ちなみに10日って言ってみれば2週間だ。

2.設備B

これを今、自分がハード設計している。これもまた、 12秒ライン2号機の基本コピーだが、別品種の2号の一部を持ってくるところもあり、色々と苦労している。

なので、

「まるっとコピーと言ってもけっこうやることあるよ」

とうこと。 まさに、


【言うは易し行うは難し】

まとめ

仕事を受けるときは安易に受けてすぐ終わります〜、なんてことすると自分は首が閉まるし相手は締切に間に合わなくて困る、と言ったことになりかねない。


【即答せず】、最低でも6〜7割は情報収集して考えをまとめてから、

「どのくらいかかるのか」

「受けるのか受けないのか」

そういったことを判断した方が良いと強く思う。


あとは、外注さんにお願いするときに、


 こんなのすぐ終わるでしょ


と言うのは違うんじゃないか?と言うこと。小さい設備でも、きちんとお客さんに提出する図面を書こうと思ったらそれなりに(1〜2週間)は掛かる。

で、提出されたものを、


 こんなに時間があったのに何やってんだ


と突き返したりするのは無しにしたい。もちろん程度の問題はあるが。基本的には「ある程度の時間はかかるもの」「初めて行うことは時間がかかるもの」という方針を持って自分にも外注さんにも接していきたい。