まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

1回聞いただけで出来ること仕事なんてほとんど無い。

最近、会社で色々と証跡などのシステムが変わったり追加されたりしている。

それは1回説明されただけでは到底できるものとは思えない。でも、


1回説明されたんなら会社員としては出来るようにならなければならない!


、、、なんてことはありません。ていうかやる前から100%理解してできる人なんていません。だから、『やりながら覚えていく』でいいんです。1回目の説明は、


 まぁこんなのがあるんだな


と、場合にもよるが20%くらい理解できたらいいのだと思う。それくらいの楽な気持ちで。最初から全部理解しようとしないことが大事。無理なんだから。だいたい、何回もやってても100%完璧にこなせるかと言うとそれもない。


スポーツの世界が分かりやすいと思うが、例えばフィギュアスケートの羽生結弦さん。彼は血のにじむような努力をしていると思うが、彼にとっての完璧な演技が毎回できるかと言ったら、そうではない。


オリンピックの金メダリストでもそうなんだから、私達凡人がそんなすぐに何事も出来るようになる訳がない。


ただ、そうは言っても仕事で決められたルールは守らなければならない。出来るようになる為の方法はある。それは、


 繰り返しやる


ただそれだけ。で、間違えたら次は間違えないようにする。間違えないために資料を作ったり、間違えた紙にチェックを入れて繰り返し見ながら次の作業をするのも良い。

要は、


 量が質を高める


と言うこと。とにかくやる。トライ&エラーを繰り返すことにより、質が高まっていく。これを念頭に仕事に取り組むと、ずいぶんと気が楽になる。自分の場合はそうだ。


これまでは、


 先に理解してからでないと出来ない


と考えていた。やってもないのに出来るかどうかなんて、そんなこと、分かるわけないのに、、、(笑)


うちには2歳の子供がいるけど、子供なんかまさにそう。


 頭で考える前にとにかくやる


そうやって色々と出来るようになっていく。


ただ、もちろんリスクアセスメントが重要な仕事はある。そういう仕事はそういう仕事としてやっていけばいい。


ただ、そうではなく、ある程度やってみても無いのに出来ない、出来そうにない、と言うのは違うんじゃないか。ここ最近、やっとそれに気付いた。


これを読まれている皆さんの気付きの機会となれば幸いです。今回は以上です。お読み頂きありがとうございました!