まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

上司への相談は遠慮なくしよう。但し、短時間で終わらせられる工夫をしよう。

今日は図面チェックと言うことで上司2人にチェックをしてもらった。そこで2人の上司は活発に意見を出してくれ、


 良いものになるな


という実感があった。やはり上司への相談は必須だと感じた。同時に、設計はある程度出来た段階で出来れば2人以上の人に見てもらうことがベストだと感じた。


それはさておき、本件の、


 上司には遠慮なく相談する


これは仕事をする上でとても重要だと考えている。遠慮して顔色を伺っていたら、仕事もスムーズに進まないし、時には過重なストレスになってしまうことを振られ、断れないかもしれない。


それによって、仕事が遅れたり、自分がストレスで会社を休んだりするとどうなるか?それは、、、、


 自分も会社も困る


ということ。それならば、やはり「上司には遠慮なく相談する」ことが重要だと思う。最近、私が相談するとき試しているのは、


 真剣な表情をする


ということ。これ、意外とやってる人は少ない。


 顔色を伺いながら、少し笑みを
 浮かべながら相談に行く


こんな感じの人が多いように私は感じる。でも、これだと上司からは甘く見られる可能性がある。やはり、


 こっちは真剣なんだ


と言うことを見せるためにも「真剣表情で相談する」ということが必要だと思う。


【目は口ほどに物を言う】ということわざもあるくらいだし、それくらい言葉だけでなく表情にも気を配ったほうが良いと私は強く思う。


最後に、

 遠慮なく相談する

とは言っても、何でもかんでも、時と場所も考えずに相談に行けばいいってものではない。やはり、

 自分なりに考えをまとめた上で
 なるべく短時間で相談する

ことは必要だと思う。上司も暇じゃないんだから。そして、相談する際のポイントとしてもう一つ。


 どのくらい時間がかかるのか


これは絶対に伝えたほうが良い。その時間より多少前後してもいいが、少なくとも相談する前に「どのくらいの時間、あなたの時間を奪います」ということは相手に伝えるべき。そうすれば、相手も安心できるし、今聞けるか考えることもできる。


さて、上記に書いたことを私はこれからも実践していきます。毎日毎日、繰り返しやって練習していくことで身についていくと思うので、やっていきたいと思います。


皆さんの参考になれば幸いです。