まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

風の谷のナウシカの感想を一言『醜さ・美しさ両方持つ人間は、自然と共存可能か?』

いや〜、久しぶりに「風の谷のナウシカ」見ました。
風の谷のナウシカ [DVD]
やっぱおもしれ〜。個人的には同じジブリ作品の「もののけ姫」と似てるなと思った。女性の王様とか、ナウシカの虫達はもののけ姫では獣達と似てると思う。


さて、今回は久しぶりに見た風の谷のナウシカの感想をまとめてみました。

『醜さ・美しさ両方持つ人間は、自然と共存可能か?』

何故そう思ったか

1.結局、人々は戦争をしている

腐海が広がって、人々の住める領域が狭まっているにも関わらず戦争が絶えないというのは悲しいと思った。こんな時こそ団結して知恵を出し合い、どうすれば危機的状況を脱出できるか考えるときでは?でもそうならないんだよなぁ、、、

2.腐海を焼き払えば済むと思っている

f:id:shinya-matsumura0418:20190106213749j:plain
すでに焼き払って済むようなレベルじゃないけど、巨神兵ならやれると思っている。というか、それしか考えられなくなっている。人間、追い込まれると視野が狭くなるからそれもあるかもしれない。

考えたかもしれないけど、他の選択肢はないものか?

3.ユパ(旅人)や特にナウシカ(風の谷の人々)は腐海と共存できないか模索している

上の2つが人間の心の醜さと自分は考えた。そして、この3つ目は人間の心の美しさと考えた。特にナウシカの心の美しさには胸を打たれる。
f:id:shinya-matsumura0418:20190106213833j:plain

特に印象に残ったところ

1.一匹のハエの為に王蟲(おうむ:虫のボス)が近くまで来ていた

f:id:shinya-matsumura0418:20190106213943j:plain
あのハエ殺してたら上の王蟲(おうむ)が来て風の谷、終わってたかもしれない。何か1つ間違うと大惨事になるかもしれないことを予見していた。こういうのは実生活でもあるかもしれない。

2.ナウシカの人々や虫達への思いやり

本当に心の透き通った人間だと思う。虫にも人にも慕われている。
f:id:shinya-matsumura0418:20190106215722j:plain
ただ、お父さんが殺されたときは我を忘れて怒りに任せて戦っていましたが。我を忘れたのはこの時だけかな。
f:id:shinya-matsumura0418:20190106214036j:plain

3.腐海の植物もキレイな水と土では毒を出さない

これには驚きました。しかもナウシカが自分で育てて発見してるんですから。
f:id:shinya-matsumura0418:20190106214349j:plain
後から出てきたけど、腐海の地下にはキレイな空気と水が存在しており、「人間の汚した物をキレイにしている。虫達はそれを守っている」と言っていた。これは自分も人間として耳が痛い。

実生活でどう活かすか

1.自分ができる範囲から始める(環境破壊しない)

とりあえず「出来ること」から。ゴミの分別、ポイ捨てしない、ごみ拾い、、、簡単なものからやればいいと思う。

2.ボランティア

娘も今年、幼稚園に入ることだし、何かボランティア活動とかあったら参加してみようかなって思う。会社でもあるかもしれないな。今まではスルーしてたけど、これからはちょっと考えてみよう。

最後に

さて、いかがでしたか?私なりに「風の谷のナウシカ」の感想と今後の活かし方をまとめてみました。皆さんの感想と比べてみてどうか等、参考にして頂ければ幸いです。


参考までに私の一言まとめを改めて以下に。

 『醜さ・美しさ両方持つ人間は、
  自然と共存可能か?』

です。


ちなみにどうやってまとめたかと言うと、以下の本を読んで勉強し、まとめました。

すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

さて、今回は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。