まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

リッツ・カールトン高野登氏の働き方改革セミナーの感想

講演会(セミナー)に参加したので感想をまとめておきたいと思う。

1.Y社は良い会社

2000社以上見てきて、ここは良い会社と言っていただき、率直に嬉しくもあり、安心をした。何故なら、くしくも今日、Y社への移籍が決まったばかりだったから。

2.身近な、普段からの練習が仕事に結びつく

具体的には以下を実践していきたい

・家族を褒める(料理や服装、子供の行動など)

・毎日、明るく元気よく挨拶をする

3.トップに行くほど自分が見えなくなる、また、トップが変わらないと組織は変わらない。

これには共感した。今の部署の状態そのものだなと。悪循環を善の循環にして善のエネルギーで満たして良い部署にしたいと思った。ただ、それには自分がどうすればいいのかはイマイチ分からなかった。


自分は自分のできることをやる、上司には率直に、正直に意見を言う、などを淡々とやっていくしかないかな?と思う。


あとは高野登さんのような外部の方やお客さんから指摘していただくのがいい方法だと思った。例としての病院の看護師と理事の話がわかり易かった。


現場が上手く行ってないのは現場だけの問題ではないかもしれない。


それは体で言えば、例えば腕が痛いとき。腕に問題があるかもしれないし、肩かもしれない、内臓から来てるかもしれない、ストレスかもしれない、はたまた脳からかもしれない、、、。


だから、コミュニケーションが上手く行ってないのは何故だ?と言うときに、実は現場に
問題があるのではなく社長に問題があるかもしれないのだ。会社で地位のある人間ほど
それを認識すべき。


これは自分が外注さんと仕事するときも肝に銘じておく必要があると感じた。常に謙虚さ、感謝の気持ちを持って接していく必要がある。

その他

高野登さんは笑顔が素敵な方だと思った。

以上、感想でした。最後までお読み頂きありがとうございました!皆さんのご参考になれば幸いです。