まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

最終決断は部署の「長」がすべき。衆知を集める。

今日、


サーボケーブルを自作するのではなく購入した方がいいのでは?


という提案を係長にした。そこで色々話したのだが、その中で係長が、


「それを係の会合の中で話題として出して欲しい」


と言った。その時の上司の気持ちはよく分からないが、もし仮に多数決で決めようとしているならそれは間違いだと思う。


何故なら、どの案を採用するかの決定権はあくまで係長にあると思うからだ。係長は部下から色々な意見を集め、その上でどうするかを判断する。その時に、どちらが多数派かということは関係ないと思う。


もし多数派の方の意見を採用すると、係の存続が危ぶまれたり、自分が責任をとれない等の事情がある場合はその旨を説明し、【係長】が決断をすべきだと思う。

もし、部下が全員別の意見を言ったとして、それに責任を取れないなら、やはりそれには賛同すべきではないと思うし、場合によっては係長の座を降りる、と言うことも考えられると思う。


「多数決」と「衆知を集める」は違う、、、、そんなことを感じた日でした。