まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

世代の違う上司との関わり方。ある動画を見ての感想。自分用のメモ。

今回の動画、本当に参考になりました。さっそく来週から試していきたいと思ってます。以下、自分の体験談です。

つい先日、50代手前の上司から自分には理不尽と思えることで怒られたばかりでした。電話で言われたのですが、正直、ケンカしようかとも思いました。しかしその場では踏みとどまってとりあえず謝ってすませました。しかし、私は納得がいかず、来週、その上司に意見を言おうかと思いましたが辞めることにします。

今回の動画を踏まえると、その上司は個人主義が少し強めだと感じました。「自分でやった方が楽」「ノリと勢いで仕事をする」「大事な時にいない」全て当てはまります。

これで自分のすべきことがハッキリしました。「しつこいくらいに小まめに予定を報・連・相!」…これだと思いました。

その上司は報告したことも2~3日するとすぐ忘れてしまいます。なので、自分がスムーズに、ストレスなく仕事をするには、こちらから上司に小まめに働きかけることが重要なのだと。

あとはくれぐれも「自分の方が正しいんだ~!」なんて上司とやりあわない。こんなことしたら、本当に自分にとって時間とエネルギーの無駄なんだと分かりました。それよりもどうすれば自分が快適に働けるのか、今回の上司との事件を元に試していきます。

最後に、その上司は個人主義な面が強いとは思いますが、集団主義な面も両方持ち合わせていると思います。実際、職場の飲み会なんかを欠席すると、「皆来るのになんでお前だけ来ないんだ」「昔は皆、強制参加だったぞ」みたいなことを言います。なので、その時は根回しや断るためのレパートリーの準備をしておきたいと思います。(たとえ自分はそんなもの必要ないと思っていても)