まっつんのひとり言

まっつんのひとり言

九州に住む30代会社員・まっつんのひとり言☆ご覧頂きありがとうございます♪どうぞごゆっくりご覧くださいませ!

認知行動療法を実践中。自動思考(性格)は変えられないが、それに気づき、働きかけることでストレスを軽減。コラム法。

先週から自分が何をすべきかがやっと分かった。
それが、

「認知行動療法」の積み重ね


仕事に復帰して、1年経過してようやく分かったことだ。

思えばこの1年、色々あった。良いことも悪いことも沢山あった。そんな中、色んな本を読んだりゲームしてみたり、動画プログラムを受講してみたり、、、、


何だかんだそれなりに頑張っているつもりだけど、イマイチしっくりこない。特に、自分はちょっとでも悪いことが起きると過剰反応を起こしてしまい、イライラしたり憂鬱になることが多かった。ここ最近もそうだった。


そんな時、新しい産業医と出会い、その産業医からアドバイスをもらったり、中立の立場での突き放され感を味わったことで、


 自分でなんとかしなきゃ


と思うとともに、産業医のアドバイスの


 自動思考はそう簡単には変わらないよ


と言う一言で、


あ、自分は認知行動療法をしとけば良かったんだ


って分かった。何か、【ポン】と浮かんできたんですよね、頭に。で、その後すぐにインターネットで「認知行動療法 フォーマット」と検索して厚生労働省のうつ病の患者さんのための資料ってやつをダウンロードした。


これがなかなか良くまとまってて、見やすかった。さっそく会社で印刷。その資料の中に「コラム法」っていうものがあるんですが、自分は今はそれをやってます。


具体的には、コラム法(枠があって穴埋め方式になっている)を印刷して、仕事でもプライベートでも何か嫌なことがあったら、コラム法のフォーマットをとにかく埋める。なるべく簡潔に書くことを心掛けてます。自分の場合、そうしないと続かないから。


これをすることで、ここ一週間は悪いことがあっても何とか乗り切れてます。雰囲気的には、


沸騰したお湯(イライラ)がゆっくり冷めるか、それとも早く冷めるか


って感じです。お湯が少しでも早く冷めるようになるのを目指すべく、日々トレーニングをして行きたいと思います。


認知行動療法のコラム法の紙があることで、自分の中では一種の【よりどころ】ができた感じです。このまま続けていってみようと思ってます。